休日に履きたいトリッカーズのカントリーライン

4,970viewsこの記事は4,970回閲覧されました。

Pocket

Tricker’s(トリッカーズ)と言えば、何と言ってもカントリーラインが最も有名だろう。英国伝統の既成靴というとChurch’s(チャーチ)やCrockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)、CHEANEY(チーニー)など様々だが、1829年に創業したTricker’s(トリッカーズ)もまた、英国王室御用達(ロイヤルワラント)のイギリスを代表するブランドの1つだ。

トリッカーズとは

1829年、イギリスのノーサンプトンでジョゼフ・トリッカーが創業したトリッカーズ。イギリスのビスポーク(オーダーメイド)のシューズブランドとして、現在も創立者の子孫が経営しており、選び抜かれた素材と熟練の職人によるハンドメイド及びベンチメイドで靴作りがされている。

そのクオリティの高さは、チャールズ皇太子から「ロイヤルワラント(英国王室御用達)」の称号を与えられるほど確かなものだ。

グッドイヤーウェルト製法を代表するブランド

トリッカーズのシューズは堅牢なグッドイヤーウェルト製法を採用しており、その屈強さと丈夫さはまさに質実剛健だ。

グッドイヤーウェルト製法のため、履き始めは少し硬さを感じるが、履き続けていると内蔵されたコルクが自身の足型に変形し、独特のフィット感を味わえる。

アッパーレザーには上質なカーフスキンのみを使用し、ソールにはオーク(広葉樹)の上質な皮を用いている。ハンドメイドであり、1人の職人が最初から最後までの製靴工程を受け持つベンチメイド手法で作る。

トリッカーズと言えばカントリーライン

トリッカーズを代表するモデルが、もともとハンティング等に使用されていたヘビーデューティー仕様のカントリーラインという、ブーツやシューズのコレクションだ。

カントリーラインは、本来自然豊かな田舎(カントリー)でハンティングをして余暇を楽しむための靴として作られている。そのため、カントリーラインは防水性と耐久性に優れる。

アッパーには防水加工を施したレザーを用い、また、コバ周りに縫い込まれた革帯は「ストームウェルト」と呼ばれ、内部に水が染みこんでくるのを防ぐ役目を持っている。

さらに舗装されていない田舎道を歩くことを想定し、足への衝撃を吸収するとともに耐久性を高める意味から、厚みのある「ダブルレザーソール」が採用されるのも特徴。大ぶりのヒールリフトは常に安定した歩行をサポートしてくれる。

そしてフルブローグ、パーフォレーション(穴飾り)などの装飾は湿気を外に逃がす機能もあわせもっているので、レザーシューズでありながら、天候を気にせずに履くことが出来るのだ。

カントリーラインの魅力

カントリーラインの魅力

Pinterestより

アウトドアでの使用を想定して堅牢性と安定性を優先させた結果、ややぽってりとしたボリューム感のあるフォルムが、カントリーラインの魅力だ。数々のブランドが別注品を依頼するなど、その独特のテイストとファッション性は高く評価されている。デザイナーやファッション関係者の愛用者も多い。

残念ながら、カントリーラインはビジネススーツとの相性は悪い。やはり、ツイードジャケットやキルティングジャケットなどのブリティッシュカントリースタイルと合わせて履くのが◎。

1足は持っておきたい

ヨーロピアンスタイルはもちろん、イギリス靴でありながらアメリカンスタイルにもフィットするトリッカーズ。靴好きにはたまらないブランドだ。

The following two tabs change content below.

関連記事