きれいめスタイルに欠かせないテーラードジャケット

1,861viewsこの記事は1,861回閲覧されました。

Pocket

「テーラードジャケット」とは、一言でいえば「きちんと仕立てられたジャケット」のことである。

テーラードジャケットはメンズファッションには欠かせない。
どんなスタイルでもきれいめでスマートに見せられる、いわば万能アイテムの一つだ。

スーツとテーラードジャケットの違いは?

「Tailor」には仕立屋という意味があり、きちんと仕立てられたメンズの上着は、総じてテーラードジャケットと呼ばれる。

本来スーツの上着が「テーラードジャケット」と呼ばれるものだったが、スーツとは違う生地、カジュアルな色使い、シェイプをカジュアルにしたものを、日本では「テーラードジャケット」と呼ぶようになった。

区別の仕方として、「素材の違い」「肩パッドの有無」「着丈の長さ」を参考にするといい。
特に「素材の違い」が明確で、スーツに使われる素材はウーステッドと呼ばれる薄手でツヤのある生地だ。
この「ウーステッド」はとスーツ以外に使われることはめったにない。

テーラードジャケットの素材選び

きれいめスタイルに欠かせないテーラードジャケット

FASHIONBEANSより

テーラードジャケットの素材としてシーズンを問わないのは、やはりウールだろう。

年間通じて使うならサージ、春夏なら薄手のトロピカルウール、リネンやコットン。秋冬ならフランネルやツイードなどから選ぶといい。

ビジネスにもカジュアルにも

オン・オフのどちらのシーンでも使えるのが、テーラードジャケットが便利なところだ。

例えばウールのテーラードジャケットに同じくウールのパンツを合わせると、いわゆるジャケパンスタイルになり、ビジネスのシーンでも十分に通用する。テーラードジャケットの色や素材と相性のいいパンツを何本か持っていると、ジャケパンスタイルの着こなしに便利だ。

また、カジュアル・スタイルを簡単にスマートに見せられるのもテーラードジャケットのいいところ。Tシャツにデニムといったかなりリラックスしたスタイルでも、テーラードジャケットを羽織るだけでカジュアル度を抑えて引き締まった印象になる。

まとめ

テーラードジャケットを着こなせると、普段のスタイリングがずっとスマートになる。幅広く活用できるテーラードジャケットを、普段のワードローブにぜひ取り入れてみよう。

関連記事