「SUUNTO(スント)」北欧・フィンランド発のアウトドアウォッチ

656viewsこの記事は656回閲覧されました。

Pocket

SUUNTO(スント)

SUUNTOより

近年アウトドアスタイルの人気からアウトドアウォッチにも注目が集まっているが、フィンランド生まれの老舗時計ブランド「SUUNTO(スント)」を知っているだろうか?

「SUUNTO(スント)」は、北欧・フィンランドで1936年に創設されたアウトドアウォッチブランド。高度計や気圧/温度計、電子コンパス機能を搭載する高いスペックと、無駄を削ぎ落とした北欧らしいソリッドなデザインにより、アウトドアフィールドではもちろん、タウンユースでも使えるような腕時計で人気を博している。

近年注目を浴び始めた「SUUNTO(スント)」社のプロダクトの中から、特に注目すべき3モデルを紹介する。

SUUNTO Vector(ベクター)

アウトドアウォッチSUUNTO(スント)

SUUNTOより

世界初のアウトドアウォッチとして誕生したのがこのVector(ベクター)。高度計、気圧/温度計、電子コンパスなど、アウトドアに役立つ機能を装備しているのはもちろん、縦に長い楕円で卵のような形をしているのが特徴。

1998年の発売以来、全世界で300万台以上も購入されたSUUNTO(スント)の代表的なモデル。SUUNTO(スント)のなかでもリーズナブルで手に入れやすいモデルだ。

SUUNTO Core(コア)

アウトドアウォッチSUUNTO(スント)

SUUNTOより

Vectorに比べるとシンプルで無駄のないデザインなのがCore(コア)。ソリッドなルックスであるため、ファッション性が高くタウンユースに向いたモデル。バンド部のカラーバリエーションも豊富。もちろん高度計や気圧計、電子コンパス、天気予測機能など、大自然を満喫するために必要不可欠なツールが搭載されている。

SUUNTO Elementum(エレメンタム)

アウトドアウォッチSUUNTO(スント)

SUUNTOより

SUUNTO(スント)のフラッグシップモデルとされ、デザインウォッチの色が濃いのがElementum(エレメンタム)。メタルのボディやサファイアガラスのケースなど、より都会的なルックスが特徴である。

2009年に今までの計測技術の集大成として発表されたモデルで、ダイビング、アウトドア、セーリングという3つの自然環境を高機能でサポートする。まさに才色兼備といえるモデルだ。

関連記事