街で着たい大人のサーフブランド3選

3,889viewsこの記事は3,889回閲覧されました。

Pocket

夏の定番といえばリラックスしたサーフスタイルだ。以前ならスポーツテイストが強い本気ブランドが多かったが、今は都会的なサーフスタイルが楽しめるブランドが増えてきた。

そこで、派手なグラフィックやブランドロゴを押し出したデザインではない、シティユースのファッションとしても着られる高いポテンシャルを持ったサーフブランドを厳選して紹介する。



SATURDAYS SURF NYC(サタデーズ サーフ ニューヨーク)

アメリカ・ニューヨークは郊外にサーフスポットがあり、大都会とサーフィンを両立させるライフスタイルが楽しめる街だ。そのニューヨーク・ソーホーで2009年、マンハッタンで唯一のサーフショップとしてオープンしたのがSATURDAYS SURF NYC(サタデーズ サーフ ニューヨーク)だ。

オーナー3名により厳選されたスタイリッシュなオリジナルのアパレルやサーフギアがラインアップされており、そのスタイルはオープン以来、サーファーだけでなく、世界中のファッションやストリートカルチャーに敏感な人々から注目を集めている。

アパレルはトラッドをベースに心地よさを大切にしてデザインされている。特に毎シーズン発表されるロゴTシャツは様々なグラフィックのバリエーションが揃い、目移りしてしまうほどだ。また「Boardshorts(ボードショーツ)」もおすすめ。本格的なサーフパンツの機能を果たしながら、街で着られるデザインは是非夏のボトムスとして取り入れたい!

SATURDAYS SURF NYC(サタデーズ サーフ ニューヨーク)
http://www.saturdaysnyc.com/

Mollusk(モラスク)

サーフブランド

Molluskより

2005年にアメリカ・サンフランシスコにオープンしたサーフショップ、Mollusk Surf ShopのオリジナルブランドであるMollusk(モラスク)。店舗はオーシャンビーチから数ブロックのところにあり、アーティストであるジョン・マッキャンブリッジが理想のサーフショップを目指してショップをオープンさせたのが始まり。

サンフランシスコのリラックスしたスタイルを取り入れたアパレルラインは、シンプルながらアーティスティックなグラフィックやカラーリングが取り入れられていて、オリジナリティに溢れている。リラックスしたスタイルの中に「カルチャーのにおい」がする、魅力的なブランドだ。

Mollusk(モラスク)
http://mollusksurfshop.com/

M.Nii(エムニーイ)

サーフブランド

Lafayettより

元々はハワイ・ ローカルたちの間で“楽園”とも称されるオアフ島・マカハで1951年に誕生したサーフブランド。オープンした当初はサマースーツやアロハシャツを誂えるテーラーショップを一躍有名にしたのが、「マカハショーツ」のネーミングで売り出されたサーフィン用のボードショーツだった。

初めてサーフウェアというジャンルを確立したM.Nii(エムニーイ)は、やがて米本土でも人気となり、ジョン・F・ケネディやエルヴィス・プレスリー、ジョン・ウェインといったセレブリティも顧客リストに名を連ねるほどの知名度と名声を得たが、1968年に突如ブランドを休止した。

それから半世紀近くも歴史に埋もれていたこのブランドを現デザイナーのジョン・ムーアが復活させた。クラシックサーフボードによく見られたボーダー柄をブランドのシグニチャー・デザインとして取り入れて毎シーズン展開されるM.NII(エムニーイ)のラインナップは、クラシックでどこか懐かしさを感じさせる魅力に溢れている。

M.Nii(エムニーイ)
http://www.mnii.com/

まとめ

いずれのブランドもこてこてのサーフブランド感がなく、大人がさらりとコーディネートに取り入れられる。この夏、スマートにサーフスタイルを着こなしたい人は是非チェックしてほしいサーフブランドだ!



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

1 Response

  1. 2015年7月9日

    […] 「街で着たい大人のサーフブランド3選」の記事でも紹介した、SATURDAYS SURF NYC(サタデーズ サーフ ニューヨーク)は、2009年にマンハッタン・SOHO地区にオープンしたサーフ系セレクトシ […]