夏のビジネススタイル!サマースーツのすすめ

1,351viewsこの記事は1,351回閲覧されました。

Pocket

最近はビジネスカジュアル化が進み、夏のビジネススタイルはノージャケットやノーネクタイの着こなしも増えているが、職種やシーンによってはスーツの方がふさわしいこともあるだろう。春夏用のスーツでもいいが、より暑い夏にはサマースーツをおすすめする。



カラーコーディネート

スーツのカラー(色)はどうしても重くなりがちだが、夏はライトネイビーやブルーグレイ、ライトグレーやライトベージュなどから選ぶと、涼しげで軽い印象に見える。
明るめのカラーは軽い印象になる反面膨張色でもあるので、ライトネイビーやライトグレーのスーツには濃い目のネクタイをあわせて全体の印象を引き締めよう。逆にダークネイビーやダークグレーなどの濃い色のスーツには、明るい色のネクタイをあわせよう。いずれもコントラストをつけることがポイントだ。

素材

サマースーツ

ezebeemagより

トロピカルウール

サマースーツの代表的な素材。細く撚ったウールを織った生地で、ウールならではの通気性とハリ、耐久性に優れている。さらさらとした肌触りが特徴で、ウールならではの上質な素材感も楽しめるお勧めの素材だ。

型崩れもしにくく、シワや湿気も2-3日おくと回復するなどケアのしやすさも魅力だ。

モヘア混紡

通常のウールよりも張りやコシ、シャリ感があるシワになりにくい。モヘアが含まれる量によって高級になるが、実用的には10%程度の混紡比率で十分だ。夏に適した生地素材だが、雨に弱いという弱点があるので注意が必要だ。

リネン(麻)

通気性に優れ、生地自体が軽いので夏なに適した素材。ややカジュアルな印象になるものの、逆に夏らしさを演出できるファッショナブルな素材。その軽さから「着る」というよりも「羽織る」感覚だ。

100%リネンのものはシワになりやすいという特徴があるが、そのシワ自体を楽しむのも着こなしのひとつだ。シワになりにくいウール混などの素材もあるので、どうしてもシワが気になるようであれば比較検討してみよう。

仕立て

ジャケットの裏地が上部だけのいわゆる「背抜き」のタイプが一般的だが、裏地そのものを省略したものもある。いずれも軽量化しながら熱と湿気がこもらないようにする仕立てだが、シェイプに着心地に影響するパーツを省いているため肩のフィット感がより重要になる。選ぶ際には試着して肩のフィット感を確かめよう。

まとめ

年間2シーズン分に加えて1-2着サマースーツを持っているだけで、蒸し暑いサマーシーズンもスタイリッシュかつ快適にスーツスタイルを楽しめる。ぜひトライして欲しい。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事