春の定番アウター!メンズスプリングコートの選び方

2,975viewsこの記事は2,975回閲覧されました。

Pocket

春にはやっぱりスプリングコートが着たい!

気温が上がり、冬仕様の重いアウターをやっと脱げるようになる春は、おしゃれが楽しい季節だ。ワンランク上のコーディネートを目指すなら、アウターにはスプリングコートを選ぶのが吉。

気温がまだ低い春先から梅雨の時期まで、スプリングコートがあると便利だ。また、スプリングコートはビジネスからカジュアルまで、幅広いスタイルに使える便利なアイテムだ。春らしく、軽く羽織れる軽快なコートを選んでみよう。

スプリングコートとは

スプリングコート(Sprig Coat)は文字通り、春物の薄手のコートのことを指す。実はこのスプリングコートという言葉は和製英語で、英語ではトップコート(Top Coat)と呼ばれる。

スプリングコートには厳密な定義がなく、ブランドやショップ毎に素材や形など様々なものが用意されている。冬のアウターが防寒に重きを置いているのに対して、スプリングコートは防風に力を入れているものが多い。

スプリングコートの生地

スプリングコートの生地は薄手のコットンやナイロン、ポリエステルがメインとなる。軽さと動きやすさを重視して選ぼう。

ベーシックなのはコットンギャバジン素材(防水処理が施されているコットン生地)だ。裏地のない仕立てのものであれば、春シーズンを通して使える。

ステンカラーコート

ZOZOTOWNより

またシャリ感のあるナイロン素材のものは、軽くて風も通しにくく、水も弾くので、梅雨の時期まで使えて便利だ。スポーツミックスのコーディネートが人気の昨今、簡単にスポーツ感を着こなしに取り入れられるナイロンのコートもおすすめ出来る。

スプリングコートの色

明るめのネイビーや薄手のベージュ、カーキ(オリーブ)が定番色。黒やグレーなどのモノトーンカラーももちろんありだが、せっかくなら春らしい色にチャレンジしたいところ。

ワークコート

WEARより

少し個性を主張したい、スタイリッシュに見せたい、ということであれば青やオレンジなど原色に近いポップな色も選択肢になるだろう。ポップなカラーのコートでもトップスやインナーを無彩色(モノトーン)で揃えてあげれば、コーディネートもまとまりやすい。

スプリングコートの種類

スプリングコートとして、最もベーシックなのはステンカラーコートだ。どんなスタイルにも合わせられる汎用性の高さが人気。

昨シーズンから再び注目されているトレンチコートを選んでみるのもいいだろう。「バーバリー」でおなじみのトレンチコートは、ベージュが代表的なカラー。

またファッションの機能性に注目が集まる今、フレンチワークブランドのショップコートやワークコートもおすすめ。

ポイントは丈の長さ

スプリングコートを選ぶ際のポイントはコートの丈。ちょうど膝上あたりまでのミドル丈がスプリングコートにはベストだ。

ロング丈だと軽い素材でも着こなしが難しくなる。ミドル丈ならば軽快な印象になるので、ビジネススーツからカジュアルまで幅広いスタイルに合わせやすい。

The following two tabs change content below.

関連記事