日本上陸! 話題のSAVE KAHKI UNITED(セーブカーキユナイテッド)とは?

947viewsこの記事は947回閲覧されました。

Pocket

2014年10月、原宿にオンリーショップが出展され、期間限定であったとはいえ話題をさらったニューヨーク発のブランド、SAVE KAHKI UNITED(セーブカーキユナイテッド)。
さらに今年の3月7日には表参道に日本1店舗目となる旗艦店がオープンした。

今回は、日本でも今後勢いを伸ばしてきそうな当ブランドについて紹介する。

Made in USAの大人が楽しむ日常着

これはSAVE KAHKI UNITEDの掲げるコンセプトであり、「30代から40代の大人達に向けて上質なベーシックウェアを着て欲しい」という想いをもとにプロダクトが生み出されている。

時代や流行を問わないものが中心で、いつでも、いつまで経っても着心地の良いものを作り出すことに焦点が当てられている。

”カーキを救う”というブランド名

世界でもっとも履かれているボトムスといっていいであろうデニムパンツ。
SAVE KHAKI UNITEDは、そんなデニム一辺倒の風潮に対し、カーキ(=チノパン)を救う、という意味が込められていることから、ワーク、ミリタリーテイストの感じられるアイテムラインナップであるのにも頷ける。

素朴かつ芯のあるデザイン

ワーク、ミリタリー要素のあるアイテムが中心のブランドながらも、”男らしさ”が過度に強調されていない点はさすが。
アイテム1点1点が持つシンプルでオーセンティックな佇まいからは、大人の品とブレない強さが感じられる。

【ショップ情報】

SAVE KHAKI UNITED OMOTESANDO(セーブ カーキ ユナイテッド オモテサンドウ)

東京都渋谷区神宮前5-25-4 1F・ 2F

The following two tabs change content below.

関連記事