ジャケパン着こなしの基本ルール

7,898viewsこの記事は7,898回閲覧されました。

Pocket

ジャケパンとは、もちろん「ジャケット」と「パンツ」の組み合わせのことである。

ジャケパン・スタイルは、スーツと違い、組み合わせが多岐の為コーディネートの幅がぐっと広がる便利なスタイルだ。多くの男性ファッション誌でも、毎シーズン取り上げられるオトナの着こなし定番のスタイルとなっている。

まずはジャケパンの基本的な着こなしのルールを理解しよう。基本的な着こなしのルールを身につけると、手持ちのワードローブでよりスタイリッシュなコーディネートができるようになる。



1.コントラストをつける

ジャケットとパンツの色をはっきりと変え、コントラストをつけることがコーディネートの重要な基本ルールだ。
同系色を組み合わせると全体の印象がぼやけてしまう。

コントラストをつけることでメリハリがついて、全体の印象がシャープになる。

2.タイトなシルエット

ジャケットとパンツはどちらも、身体にフィットしたタイトめのシルエットのものを選ぼう。
ジャケットは着丈を短めに、パンツもタイトで裾丈もジャストのレングスにしよう。

どちらか一方でもルーズめものを選んでしまうと、全体の印象が一気に野暮ったくなるので注意が必要だ。

3.定番の着こなし

ジャケパンの定番着こなしといえば、ネイビーのジャケットにグレイのパンツの組み合わせだ。
このとき気をつけたいのは上下の色の濃さ。

ジャケットが濃いネイビーならパンツもダーク・グレーを、ジャケットが明るいネイビーならばパンツもライト・グレーを合わせるのが鉄則だ。
こうすると全体のトーンのバランスがとれる。

まずはジャケパンの基本をマスターしよう

あえてジャケットとパンツのコントラストをつけないコーディネートや、違う濃度のジャケットとパンツを合わせるコーディネートなどもあるが、難易度が高く上級者向けだ。

まずは基本ルールをマスターしてからトライしてみるのがいいだろう。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

2 Responses

  1. 2015年4月2日

    […] はトレンドに左右されることもなく、永遠のスタンダードとして愛用できるINCOTEX(インコテックス)のパンツ。 ジャケパンスタイルに絶対欠かせないパンツとして覚えておいてほしい。 […]

  2. 2015年4月23日

    […] ビジネスカジュアル(ビジカジ)、いわゆるジャケパンスタイルの時「カバンはどういうものを選べばいいのだろう?」と悩んだことはないだろうか?そんな方にオススメのビジカジバ […]