古着よりも古着らしいREMI RELIEF(レミレリーフ)

3,853viewsこの記事は3,853回閲覧されました。

Pocket

自然に着古したような独自の加工感と現代におけるリアルなアメリカンベーシックを追い求める孤高のブランド、それがREMI RELIEF(レミレリーフ)だ。

大人の男が着たい、日本発のカジュアルウェアブランドである。

REMI RELIEF(レミレリーフ)とは

レミレリーフ

amazonより

REMI RELIEF(レミレリーフ)は、2008年にスタートした日本ブランド。

REMI RELIEFというブランド名は「REMIX(ミキシングし直す)」という工夫と、「RELIEF(取り除く)」という作業を意味した造語だ。「HIGH QUALITY OF LIFE」をコンセプトに、質にこだわった服作りを行っている。

妥協のないプロダクトを作るため自社工場を持ち、糸、撚糸、編み立て、プリント顔料、加工と全ての工程に拘りながら、無駄を取り除いた究極のアメリカンベーシックを追求しているブランドだ。

Ron Herman(ロンハーマン)、MR PORTER(ミスターポーター)など海外の有名ショップでも展開され、今や日本を代表するブランドとなっている。

ブランドを代表するアイテム、デニムウエスタンシャツ

レミレリーフデニムシャツ

MR PORTERより

レミレリーフを代表するアイテムと言えば、デニムウエスタンシャツ。

古着よりも古着らしいと言える風貌は、最高級なオーガニックコットンと、独自の染色方法、丁寧な洗い加工によるもの。一方シルエットは現代的で、身幅、袖幅ともに適度にスリムに仕上がっている。

デニムウェスタンシャツにスタッズが付いたモデルも人気。アメリカで100年以上の歴史を誇るスタンダードリベット社のスタッズを独自に加工しひとつひとつ打ち込んだスタッズはまさに、一目でレミレリーフと分かるブランドを象徴するデザイン要素のひとつだ。

珠玉のスウェットシャツ

ヴィンテージスウェットを忠実に再現したディティールと、快適な着心地を意識した作りのスウェットシャツも、レミレリーフを代表する定番アイテムだ。

スウェットシャツの裏毛に使用している糸は、アメリカ・ニューメキシコ州内のアルバレス農場で栽培されたオーガニックコットンの「落ち綿」使用している。バルキー性と耐久性に富んだソフトな手触りが特徴だが、このコシと張りのある糸をギリギリのゲージで強く打ち込んで編みこまれた生地はそれだけで自立するほどの硬さに仕上げられる。

レミレリーフのスウェットシャツの加工は独特だ。ヴィンテージスウェットの退色を再現するために研究し、 空気中の水素と染料のアミノ酸が人の熱や汗に反応して結合し加水分解を 起こして染料のみが朽ち果てていく過程を再現している。

昔ながらの直接染料を使い、水素と結合させてゆっくりと長時間かけて染料を退色させている。 ボディもそれなりのダメージを負うものの、薬品を入れたりバイオウォッシュのように生地を無理に融かしたりするような加工とは違い、古着本来の経年変化によるダメージにもっとも近い出来栄えになる。

古着に抵抗がある人にこそ手にとって欲しい

見た目もさることながら着心地も古着の柔らかな着ごこちが楽しめるレミレリーフのアイテム。古着好きの人はもちろん、古着に抵抗感のある人でも一度着てみれば手放せなくなる一枚になるだろう。

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

1 Response

  1. 2016年1月9日

    […] 2008年にスタートした日本ブランドREMI RELIF(レミレリーフ)。自然に着古したような独自の加工感と現代におけるリアルアメリカンベーシックを追い求めた、大人の男に着てほしいブラ […]