メンズの定番アウター、トレンチコートのおすすめブランド

4,114viewsこの記事は4,114回閲覧されました。

Pocket

メンズの定番アウターであるトレンチコート。お洒落でスタイリッシュ、王道なのに飽きのこないデザインのトレンチコートは、スーツの上にはもちろん、カジュアルな装いの時にもさらりと羽織れる。

トレンチコート選びの参考に、定番かつおすすめのトレンチコートブランド3つを紹介する!

トレンチコートの歴史

トレンチコートの歴史

MANLINESSより

トレンチコートの起源は第一次世界大戦まで遡る。寒冷地での戦いに適した軍用コートとして開発され、イギリス兵が塹壕(ざんごう)内で着たことから「トレンチコート(Trench Coat)」の名がついた。

漁師の仕事着が起源とされるPコートやダッフルコートに対し、トレンチコートは陸用の防寒具で、しかも最初からミリタリーウェアとして誕生した。

イギリスのバーバリーとアクアスキュータムの2社の製品が元祖とされ、現在でもトレンチコートの人気を牽引する。

BURBERRY(バーバリー)

バーバリートレンチ

BURBERRYより

トレンチコートといえば真っ先に思い浮かぶブランドがバーバリーだろう。

1856年創業で初めてトレンチコートを開発した老舗だ。日本ではライセンス生産からイギリス本社でのコントロールに切り替わり、プレミアムブランドとして再スタートを切った。

ファッション性を高く打ち出し、ゆったりとしたクラシックフィットのウェストミンスター(ロング)、モダンフィットのケンジントン/ウィルシャー(ミッドレングス)、スリムフィットのサンドリンガム(ショート)と大きく3つの着丈とシルエットのバリエーションがある。

値段は少々張るが一生ものになる、トレンチコートのマスターピースと言えるだろう。



Aquascutum(アクアスキュータム)

1851年創業の、バーバリーと並ぶイギリスの老舗トレンチコート・ブランド。ラテン語の水(Aqua)と盾(Scutum)を組み合わせたブランド名はそのまま防水性を表している。

バーバリーがモダンに生まれ変わったのとは対照的に、伝統を大切に守っている、よい意味でコンサバティブかつトラディショナルなブランドだ。

Grenfell(グレンフェル)

グレンフェルトレンチコート

VULKANIZEより

1922年創業のイギリス・ブランド。カナダ北極圏で活躍した、探検家であり医師でもあったウィルフレッド・グレンフェル卿の名に由来する。

高密度で耐久性と防風性を持つグレンフェル・クロスは、その軽量性で着やすさと動きやすさを実現している。モダンでスリムめのシルエットと軽量性で日本人にフィットしやすいトレンチコートだ。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)

1823年創業の、英国を代表する老舗ブランドMACKINTOSH(マッキントッシュ)。ゴム引き(2枚の生地の間に溶かした天然ゴムを塗り、圧着し熱を加えた防水布「マッキントッシュクロス」)コートで有名なブランドだ。

ゴム引きコートが有名すぎるブランドだが、もちろん通常のコットンやウールなどの素材を用いたコートも作っている。

おすすめは、もちろんゴム引きのトレンチコート。しかし、完全防水のため蒸れやすいこと、またゴム臭いことが欠点となりうる。

ちなみに、2016年の現時点で、日本国内には3つの「マッキントッシュ」を冠したブランドが存在する。1つは英国オリジナルのマッキントッシュ、残り2つは英国マッキントッシュとライセンスを結ぶ三陽商会の立ち上げたマッキントッシュフィロソフィーとマッキントッシュロンドンだ。

定番ブランドを選ぼう

春にも秋にも着ることが出来る、汎用性の高いトレンチコートを1着持っている便利だ。

少し値は張るが、流行に左右されることのない定番ブランドのトレンチコートを選べば、一生ものになること間違いなし!是非自分にピッタリのトレンチコートを見つけてほしい。

番外編

「定番物が欲しいけど、やはり高いな・・・。」と尻込みする人は、是非リアル軍モノをチェックしてほしい。

ミリタリーサープラス(Military Surplus)と呼ばれる軍の余剰品が、古着屋やミリタリー専門店(東京・上野にある中田商店などが有名。)には並んでいる。その中にはもちろんトレンチコートも含まれる。トレンチコートが本来軍用のコートであったことは説明した通りだ。

このミリタリーサープラスなら、トレンチコートが約1万円以内と手頃な値段で手に入る。

ただし、サイズには絶対の注意が必要だ!本物のミリタリーアイテムは総じてサイズが大きい。仮にサイズ表記がMと記されていても、実際はLやXLくらいの大きさなんてことは、ざらにある。試着が必須なため、店舗に赴くか、返品可能なネットショップを利用しよう。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

1 Response

  1. 2015年4月8日

    […] 昨シーズンから再び注目されているトレンチコートを選んでみるのもいいだろう。「バーバリー」でおなじみのトレンチコートは、ベージュが代表的なカラー。 […]