おすすめメンズデニム(ジーンズ)ブランド

4,895viewsこの記事は4,895回閲覧されました。

Pocket

男性のボトムスとして、大定番のデニム(ジーンズ)。

ファストファッションブランドからハイブランドまで、数多くのブランドがデニム(ジーンズ)を扱っている。また、デニムの形もレギュラーやスキニーと様々であるため、選択肢が多すぎてどのデニムを買えば良いか悩んでる人も多いのではないだろうか。

そこで、今回はおすすめのデニム(ジーンズ)ブランドを紹介しよう。デニム(ジーンズ)を買い足す際の参考にしてほしい。

A.P.C(アーペーセー)

アーペーセージーンズ

A.P.C.より

A.P.Cはジャン・トゥイトゥが1987年にフランスでスタートしたブランド。「A.P.C.」という、ブランド名は「Atelier de Production et de Creation(生産と創造の工房)」を略したもの。

メンズ、ウィメンズウェア以外にも、CDやキャンドルなどの雑貨も取り扱いがある。フランスブランドらしく、ミニマルで機能的なデザイン。ブランドの主張が少なく、着る人を選ばない。

デニムは大変人気があり、A.P.Cの顔とも言える。A.P.C.のデニムは14.5オンスのデニム生地を使い、外側はパリッと硬く、内側はソフトで履きやすい。生地は色落ちしやすく、デニムを自分好みに育てられるのも魅力の一つである。(モデルにより生地の厚さが異なる。より履きやすい、12.75オンスのストレッチモデルもあり。)

 1番の人気モデルは「プチスタンダード」。形はスリムストレート、膝下は緩くテーパードされているため、履いた時のシルエットが綺麗なことが特徴。

Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)

元LEEの3人のデザイナーが立ち上げたスウェーデン発のデニムブランド。

短期的なトレンドや流行は追わず、裸に近い感覚をコンセプトに、絶妙なフィット感と美しいシルエットに定評がある。

中でもおすすめのThin Finnは、セミローライズのスキニーテーパードモデル。バックヨークが長めにとられ、バックポケットがやや下に配置されているため、足が長く見える効果がある。

購入する際は、Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)のおすすめ通販は?の記事を参考にしてほしい。

KURO(クロ)

クロジーンズ

KUROより

2010年からスタートした日本のデニムブランド。ブランドネームであるKUROはもちろん、日本語の黒を意味する。

世界最高峰と称される日本のクラフトマンシップによる紡績や縫製、染色、加工など徹底的にこだわり抜かれたメイド・イン・ジャパンデニム。

独創的なデザインと圧倒的なコストパフォーマンスが魅力的なブランドである。中でもおすすめのGraphite(グラファイト)は、KUROのデニムのベースとなるモデルであり、そのシルエットは、ヒップ周りと股上の深さは足を長く見せるよう黄金比に設定されている。

JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)

1985年にタト・バルデッレ(Tato Bardelle)がイタリア・パドヴァで立ち上げたデニムブランドであるJACOB KOHEN(ヤコブ・コーエン)。

「仕立ての良いテーラードジャケットに合わせるジーンズ」というコンセプトのもと、ジーンズでありながらスラックスのように丁寧かつ繊細に仕立てられているのが最大の魅力。

日本のデニム生地を使用し、イタリアで生産されるジーンズは、ワークウェアを感じさせないほどエレガントな仕上がり。

Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)

1996年、スウェーデン・ストックホルムにてAcne(アクネ)の事業がスタート。1998年、ジョニー・ヨハンソンがクリエイティブディレクターとなり、アクネジーンズをスタートさせた。

その後、2006年にクリエイティブ集団であるAcneよりから独立する形で、現在のAcne Studios(アクネ ストゥディオズ)がスタート。メンズ、ウィメンズともにジーンズをはじめとした服から、靴やアクセサリーにいたるまでトータル的な商品展開を行っている。

もともとデニム(ジーンズ)ブランドからスタートしたいう背景もあり、Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)のジーンズは今なお人気のアイテム。スキーニージーンズが定番かつ人気だが、脚にフィットし、滑らかな生地で非常に履き心地が良く、窮屈さを感じさせない。

デザインは、無駄が削ぎ落とされていてミニマルでクリーン。さすが北欧ブランドといったところ。

RED CARD(レッドカード)

レッドカードジーンズ

ZOZO TOWNより

2009年にスタートした日本のデニムブランド、RED CARD(レッドカード)。

RED CARD(レッドカード)のデザイナー本澤裕冶は、Levi’s(リーバイス)501のモデルチェンジやEDWIN(エドウィン)503の立ち上げに携わるなどデニムを知り尽くしたエキスパート。

日本の最高品質のデニムを使い、一本ずつプロダクションとは思えぬディテールを、
最高レベルの職人たちが熟練の技で施していく様はまさに芸術に呼ぶに値します。
ABOUT:RED CARD

RED CARD(レッドカード)のジーンズの特徴は、ライトオンス(薄手)のデニムでは難しかった、リアルなヴィンテージ加工にある。絶妙なウォッシュ加工、ヒゲやアタリなどのユーズド加工は、職人達が1本1本丁寧に行っている。

「デニム(ジーンズ)は履き心地が固くて・・・。」という苦手意識を持つ人にこそ、手にとってほしいデニムブランドだ。

RESOLUTE(リゾルト)

リゾルトジーンズ

RESOLUTEより

RESOLUTE(リゾルト)は2010年にスタートした日本のデニムブランド。

日本のレプリカジーンズの草分けであるDENIME(ドゥニーム)の創業者であり、日本デニム界のカリスマ林芳亨が立ち上げたブランドで、なんとジーンズの型は4種類のみ。

RESOLUTEはメイド・イン・ジャパンにこだわり、織布から染め、縫製、仕上げまでの全生産工程が西日本の中国地方、備後地区の熟練のデニム職人たちの手によって行われます。
Concept:RESOLUTE

あえて加工を施さないベーシックなデザインで、履きこむことで身体に馴染んでいき、そこから生まれる色落ちが唯一無二の加工となることを想定して作られている。

リゾルトは自分自身でジーンズを育て上げたい人におすすめするブランドだ。

お気に入りのブランドをみつけよう

どのブランドも共通して、履いた時のシルエットが秀逸である。是非試着して、その履き心地を確かめてみてほしい。

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事