次のトレンド、ミリタリースタイル

1,105viewsこの記事は1,105回閲覧されました。

Pocket

この秋冬のトレンドの1つとされるミリタリー。秋冬の定番スタイルであるミリタリーだが、2015年はトレンドとして例年にも増して猛プッシュされている。

本来ミリタリーウェアは、戦場で使用するための機能性と耐久性に優れたアイテムである。この特性を活かしながら、タウンウエアとしてアレンジされたアイテムが多くのブランドからリリースされている。ミリタリーテイストのアイテムの選び方をいくつか紹介しよう。



サイズ

様々な体型の兵士が同じ規格で使うことを考慮して、オリジナルのミリタリーウェアーはオーバーサイズ気味に作られている。これをそのまま真似るとコスプレチックで野暮ったく見える。

おしゃれに着こなすためには、必ずタイトシルエットのものを選ぼう!特にトップスを選ぶ際は注意。ついチェックを忘れてしまいがちなアームホール(袖幅)をしっかりと確認してほしい。ミリタリーテイストのトップスやアウターは袖幅が太いことが多い。

カラーコーディネート

ミリタリージャケットのコーディネート

Pinterestより

ミリタリーカラーといえば、カーキ!カーキは、一見すると他の色との組み合わせ方が難しいかと思いきや、意外と様々な色と相性がいい。

白や黒、グレーといった無彩色との相性はもちろんのこと、同系色のベージュ、ネイビーやブルーとの相性もいい!

ミリタリーアイテムを紹介

M-65ジャケット

M65ジャケット

ZOZO TOWNより

米陸軍で採用されていたM-65と呼ばれるジャケットは、完成されたシルエットと着回しのしやすさでお勧めだ。スリムですっきりしたシルエットのものなら、カジュアルはもちろん、ジャケパンスタイルに羽織るのもいい。

MA-1ジャケット

MA-1ジャケット

ZOZO TOWNより

今季大流行中のMA-1ジャケット。フライトジャケットの一種で、第二次世界大戦後にアメリカ空軍によって開発された。アルファ社製のものが最も有名。

ボンバージャケット(ボマージャケット)と呼ばれることもあるが、正確には、第二次世界大戦時まで米軍で使用されていたものをボンバージャケット、第二次世界大戦後のものをMA-1と呼ぶ。

着丈が短く、ボリュームがあるアイテムのため、インナーとボトムスには注意が必要!MA-1の中に合わせるトップスは着丈が長めのものを選ぶと良い。ボトムスは細めがベター!流行っていることもあり、MA-1に太めのパンツをあわせるスタイルもありだが、上級者向け。

ミリタリーシャツ

ミリタリーシャツ

ZOZO TOWNより

ミリタリーシャツは、本来軍服として着用されていたシャツだ。第2次世界大戦頃、軍人が着用していたヘリン ボーンツイルシャツがそのルーツである。

ミリタリーシャツはエポーレットと呼ばれる肩賞や両胸にポケットが付いていることが特徴。1枚で着ても様になる。

カラーはカーキをはじめ、ベージュや黒など。ボトムスにスリムなデニムやスラックスを合わせてIラインのシルエットを作っても良し、流行りのワイドパンツを合わせてVラインのシルエットを作っても良し!

カーゴパンツ

カーゴパンツ

ZOZO TOWNより

オリジナルに近い太いシルエットのものは、おしゃれに着こなすには難易度が非常に高い。初心者は必ずスリムシルエットのものを選ぼう。カーゴポケットのマチがないタイプのものであれば、ジャケパンスタイルのはずしアイテムとしても使える。

ミリタリースタイルまとめ

今季はトレンドを強く意識したミリタリーアイテムも数多く販売されているが、ミリタリースタイルはいわゆる定番の着こなしのため、流行に左右されない定番ものを抑えるのがベスト!

ミリタリーアイテムはどうしてもカジュアル色の強いアイテムのため、ミリタリーアイテム以外はキレイめのアイテムを選び、ドレスアップして着ることをおすすめする。

アレンジの幅が広がるミリタリーテイストのアイテムを、ワードローブにぜひ取り入れてほしい。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

1 Response

  1. 2015年10月1日

    […] ミリタリースタイルのコーデイネートとしてカーキグリーンを取り入れる以外にも、ニットやスウェットトレーナーの色をカーキグリーンに変えるのもおすすめ! […]