トラッドな魅力、スニーカーの次はローファーが気分!

3,249viewsこの記事は3,249回閲覧されました。

Pocket

トラッドファッションの定番シューズといえばローファーだ。メンズファッションに欠かせないローファーは、レザーシューズとしてきちんとした印象でありながら程よいカジュアル感を出せることで人気がある。

ローファーとは

ローファーとはかかとが低く、バックルや紐がないスリッポン型のシューズのことだ。ローファーとはもともと「怠け者」の意味で、靴ひもを結ぶ必要がなく、気軽に脱いだり履いたりできることからこのような名称になったと言われている。

ローファーはアメリカントラッドの定番だが、現在はイギリス、フランス、イタリアなど各国で独自の魅力を持ったローファーが生産されている。

黒やブラウンのカーフやコードバンが定番の素材だが、高級な素材としてリザードやオーストリッチなどエキゾチックレザーを使用したものや、グローブレザーやオイルドレザーなどを使用してワーク・アウトドアな雰囲気のものもある。

定番のモデルはペニーローファー

ローファー

G.H.Bassより

最も一般的なローファーのモデルは、甲の部分に1セント硬貨を挟めるようなスリットが入っているペニー・ローファーだろう。最も装飾がないタイプで、アメリカンスタイルからヨーロピアンスタイルまで幅広く使える。

ローファーのサイズ選びは慎重に!

ローファー選びは慎重に

GQより

ローファーは紐がなく革の弾力を利用して足にフィットさせる構造なので、通常の紐靴よりも慎重にサイズを選ぼう。一般的にはハーフサイズ程度小さめのサイズで履き慣らしていくといいだろう。

ローファーの着こなし

ローファーの着こなし

Pinterestより

チノパンツやジーンズ、スラックスまで幅広いパンツにあわせやすいのも魅力だ。ソックスを履いてもいいし、フットカバー(外から靴下を履いていないように見えるソックス)でノーソックスのように見せるのもいい。パンツはスリムシルエットで裾は短めにすると足長効果がでる。

ローファーの着こなし

Pinterestより

カジュアル向きの靴のため、ビジネススーツとの相性は決して良いとは言えない。ビジネスシーンで利用するなら、ジャケパンスタイルに合わせたい。

スニーカーの次はローファーを

ドレッシーでありつつほどよいカジュアル感もあるのでスタイルやシーンを選ばない、とても便利なアイテムだ。ジャケパンスタイルのドレスダウンなどもにぴったりだし、オフのシーンではカジュアルスタイルにきっちり感をだせる。

アメトラの王道シューズAlden(オールデン)や、コスパ抜群のブランドJalan Sriwijaya(ジャランスリウァヤ)など様々なブランドからローファーが販売されている。

スニーカーの次はローファーでいこう!

関連記事