知っておきたいハイブランドのスニーカー

12,084viewsこの記事は12,084回閲覧されました。

Pocket

Saint Laurent(サンローラン)やMaison Margiela(メゾンマルジェラ)をはじめとしたハイブランドからも、スニーカーがたくさん出ていることを知っているだろうか?

いわゆるハイエンドスニーカーと呼ばれるラグジュアリーブランドのスニーカーは、スポーツブランドにはない魅力があり大人が履くのにもってこい!

SAINT LAURENT(サンローラン)

Dior Homme(ディオールオム)の元デザイナーとしても有名な、エディスリマンがデザイナーを勤める、Saint Laurent(サンローラン)。今一番の注目を集めているラグジュアリーブランドと言っても過言ではない。

ロックテイストなデザインは靴も同様!単色やバイカラー(2色の配色)のシンプルで品のあるスニーカーはスタイルを選ばずに履けそうだ。

Saint Laurent(サンローラン)



Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)

高級靴で知られるChristian Louboutin(クリスチャンルブタン)も魅力的なスニーカーを取り揃えている。

1992年設立、本来は女性向けの靴ブランドである。高いヒールとレッドソールと呼ばれる真っ赤な靴底が特徴のハイヒールは、たくさんの女性ファンを虜にしている。

スタッズを惜しげもなく使用していたりと、少し派手な印象を受けるルブタンのスニーカーだが、女性受けはバッチリだろう。

Christian Louboutin(クリスチャンルブタン)

Lanvin(ランバン)

1889年、フランス・パリで創業したLanvin(ランバン)。

シックなコレクションでファンを魅了してきたLanvin(ランバン)だが、スニーカーについても例外ではない。

特に今季はスエードとレザーの洗練されたコンビシューズが特徴的。多くのラグジュアリーブランドがハイカット推しなのに対し、ランバンはローカットのスニーカーを多数そろえているという印象を受ける。

Lanvin(ランバン)



Y-3(ワイスリー)

Y3スニーカー

Y-3より

日本が誇るデザイナーである山本耀司(Yohji Yamamoto)とAddidasがコラボレーションしたブランドがY-3である。

トレードマークである3本線を始めとしたアディダスらしいデザインと、山本耀司が作り出す独特なテイストがあいまったアイテムが魅力。スポーツテイストが全盛の今、旬なブランドと言える。

Y-3(ワイスリー)

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)

1988年にフランス・パリでスタートしたMaison Margiela(メゾンマルジェラ)。

2015年より元Diorのデザイナーを勤めていたJohn Galliano(ジョンガリアーノ)がデザイナーとして就任し、ますます注目を集めているブランドだ。

マルジェラを象徴する、1つ1つペンキでハンドペイントされたスニーカーは大人気!

Maison Margiela(メゾンマルジェラ)

Rick Owens(リックオウエンス)

1997年、デザイナーのRick Owens(リックオウエンス)が自身の名前を冠したブランドをスタート。ドレープの効いた美しいカットソーや、タイトでありながらしなやかな着心地のレザージャケットが人気!

現在、世界中で300店舗以上のでショップに取り扱われている。

Rick Owens(リックオウエンス)のスニーカーは、ここ数年のボリュームあるスニーカー人気の火付け役!チェックしておいて損はないだろう。

Rick Owens(リックオウエンス)



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事