L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグの魅力

2,568viewsこの記事は2,568回閲覧されました。

Pocket

1912年にレオン・レオンウッド・ビーン(Leon Leonwood Bean)が設立したL.L.Bean(エルエルビーン)は、アメリカで最も有名なアウトドアブランドのひとつだ。メイン州フリーポートL.L.Bean(エルエルビーン)のフラッグシップ・ショップは、アウトドア愛好者のニーズに応えるために1951年以来24時間365日、年中無休でオープンしている。そのL.L.Bean(エルエルビーン)のシグニチャーアイテムのひとつが、トートバッグだ!

L.L.Bean(エルエルビーン)の歴史

もともと「Bean’s Ice Carrier(氷を運ぶバッグ)」として売り出されたL.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグは、1944年の発売以来70年以上の歴史があるベストセラー。基本的には発売当時のデザインのままだというから驚きだ!最初から完成されたデザインだったということだろう。



豊富なバリエーション

エルエルビーンのトートバッグ

L.L.Beanより

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグには「スモール」「ミディアム」「ラージ」「エクストララージ」の4種類のサイズがある。またハンドルの長さは「レギュラー」「ロング」の2種類から選べる。

カラーは基本的には生成りのキャンバス地にハンドルと底面にカラーツイル地が貼られている。ハンドルと底面のカラーは定番の「ブラック」「ブルー」「レッド」「ダーク・グリーン」「レガッタ・ブルー」の他に、シーズン限定のカラーもある。時々柄物がリリースされることもあるのも楽しい。さらに、全て同じ色のキャンバス地の「ソリッド・カラー」もある。

カスタマイズ可能

エルエルビーントートバッグ

L.L.Beanより

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグはモノグラム(名前・イニシャル刺繍)を入れることができる。注文時に指定して好みの文字、フォント、カラー、配置のパターンが選べる。

さらには、キャンバス地の色からハンドルの色まで自分で自由にカスタマイズできる「Custom Boat & Tote」というシステムがある(アメリカのサイト限定なのが残念)。

使い込んで自分だけのものに

エルエルビーントートバッグ

L.L.Beanより

L.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグは元々氷を運ぶバッグだったため、かなり頑丈。キャンバス地には防水のための糊が強く効かせてある。最初はかなり硬い生地も、使い込んでいるうちに柔らかくなっていく。

しかしかなり時間がかかるため、いきなり洗濯機で丸洗いして糊を落として柔らかくしてから使う人も多い。使い込んでこなれた感じにしたい人は試してみるのもいいだろう。

まとめ

様々なトートバッグの原型ともいえるL.L.Bean(エルエルビーン)のトートバッグは、丈夫で長持ち、飽きのこないシンプルなデザイン、カスタマイズ可能な自由さが魅力のバッグだ。ぜひ1つは手に入れて、ガシガシ使い込んで自分だけのものにしてみたい。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事