男の力量が試される!メールやLINEでのスマートなデートの誘い方

2,225viewsこの記事は2,225回閲覧されました。

Pocket

「女性をスマートにデートに誘えるようになりたい!」というのは、多くの男性に共通する思いではないだろうか。
現代ではほとんどの場合、デートまでのやりとりはメールやLINEだ。

そうした文字のやりとりのテクニックの有無で、デートまでこぎつけることができるかどうかは大きく変わってきてしまう。

メールやLINEでのスマートなデートの誘い方をみてみよう!

デート ライン 誘い方

初めての出会いからデートの約束につなげるためのテクニック

職場や学校、もしくは飲み会などのイベントで気になる女性と出会った……、しかしそこからどうデートの約束につなげればいいの?

まず、大事なのは相手の連絡先をゲットすることだ。
しかしいきなり「連絡先教えてください!」ではほとんどの女性は警戒心や恐怖心から教えてくれないだろう。

そうした時に使えるのが、「グループで連絡先を交換する」という方法。

仕事のチームや学校のゼミ仲間など、「みんな連絡とれるようにしておこうよ」と提案すれば、自然と気になる彼女の連絡先も聞くことができる。

ただし、連絡先を手に入れてもいきなりデートの約束は難しい。
連絡先を手に入れたら、趣味や仕事などお互いの共通点となる話題を見つけて、それに関する話題をメールやLINEで送ってみよう。

例えば、映画好きの女性なら「最近、どんな映画観たの?」という話題などでオーケー。

そうしたやりとりを続け、「楽しくメールやLINEで軽い雑談ができる相手」というポジションになれば、デートの約束につなげやすくなる。

初めてのデートどう誘う?スマートな日付の約束の取り方

お互いにメールやLINEで自然にやりとりをできるようになれば、いよいよデートの誘い。

NGなのは、「ねえ、〇日は暇?」「今週末空いてる?」など、いきなり相手の予定を押さえようとする誘い方だ。

内容も分からずいきなり予定を聞かれても、女性は「え?何、急に?」と警戒心が先に芽生えてしまう。

先に予定を押さえようとするのでなく、まずは相手が興味を持ってくれそうな提案をしてみよう。

さきほどの映画好きの女性という例なら、話題作についてメールやLINEでやりとりした後に、「じゃあ良かったら一緒に観に行こうよ」と誘ってみよう。

その上で、「いつなら観に行けそう?」と聞けば、相手も応じやすくなる。

このように、最初に予定を聞くのではなく、相手が楽しめる提案をすることがポイント。

そうすれば自然とスマートにデートの日程を決められるだろう。

次につなげる!2回目のデートの誘い方

1回目のデートが上手くいけば、2回目のデートにも期待したくなるのが人情というもの。

2回目に応じてもらえるかどうかは、1回目のデート後の連絡の仕方によっても大きく変わってくる。

まず、1回目のデートから帰ったら、その日のうちに彼女にメールやLINEを送ろう。

これには2つのポイントが。

1つは、その日のうちに送ること。

仮に盛り上がったデートをしても、一晩寝ると女性は案外冷静さを取り戻すもの。

そうなる前に連絡をして、彼女の気持ちを冷めさせないようにしていこう。

2つめは、「大切に思っている気持ち・楽しかったという気持ち・また会いたいという気持ち」をシンプルに伝えることだ。

例えば「無事に帰れた?今日は楽しかった!ありがとう。また遊びに行けたら嬉しいな」といった感じで。

少なくとも女性側は、こうした気持ちを伝えられて嫌な気持ちはしないもの。
もしデート内容で好感を持ってもらえていれば、印象はさらにグッと上がるだろう。

具体的に2回目のデートに誘う時にも、1回目と同じく「提案→予定」の順番でオーケー。

その際、1回目のデートででてきた話題を踏まえ、「この間話した○○に次は行ってみない?」などの誘い方をすれば、よりスマートだ。

警戒させない!遅い時間帯のデートの誘い方

少し難易度が上がるのが、遅い時間帯のデートの誘い方。
この場合、「その日のうちに帰ることをさりげなくアピール」することが重要だ。

仮に女性があなたと付き合ったり、深い仲になったりしてもいいと思っていたとしても、あまり遅い時間のデートには基本的には応じないことが多い。

なぜなら、そうすることで軽い女性だと見られたくないからだ。

そのため、「ちゃんと終電の時間調べておくから」「俺も次の日早いから、そこまで遅くならないようにするよ」など、その日のうちに帰ることをほのめかしておこう。

女性の方も、その一言があれば「じゃあ、いいかな」と言いやすくなる。

ただ、「絶対変なことしないから!」といった必死アピールは逆効果になるため、
あくまでさりげないアピールにしておくのがポイントだ。

成功しやすい!女性をデートへ誘う方法

ここで、成功しやすいデートの誘い方を2つに分けて紹介していこう。

1つめは、まだ距離が縮まっていない場合。

そんな場合は、まずランチに誘うところから始めてみよう。

お昼ご飯だけなら、女性も応じやすいもの。特に職場などが同じなら、「一緒にお昼どう?」と誘いやすいだろう。
ランチを重ねて警戒心を解けば、ディナーや映画なども誘いやすくなる。

2つめは、距離が縮まってきてからの場合。
お互いに自然にやりとりができるようになってきたら「2人で遊びに行かない?」とストレートに誘ってみよう。

実は、デートの誘いでも告白でも、女性が一番グッとくるのはストレートなセリフ。
特に「友達以上恋人未満」くらいの距離にある時は、この誘い方が有効だ。

対象外でもOKをもらえる!賢いデートの誘い方

彼女から恋愛対象外に思われている場合は、デートに誘うのも一苦労だ。

そんな時は、「デートと思わせない」ことが重要。

例えば、「相談したいことがあるんだけど」「妹にプレゼントをしたいんだけど、選ぶのを手伝ってくれないかな」など、他の用事で誘い出すという方法。
ただし注意点としてあまり不自然な用事で誘ったり、嘘の用事を作ってまで誘ったりはしないようにしよう。
そういった誘い方は高確率でバレてしまうからだ。

恋愛対象外の場合は、こうした誘いでまず気兼ねない友達になるところから始め、
そこから徐々にあなたの良さをアピールしていこう。

いかがだっただろうか?

LINEやメールでの誘いは、電話や会ってのコミュニケーションと違い、冷静に気持ちを伝えやすい点が大きなメリット。

送る前に、落ち着いてスマートな誘いになっているか推敲してから送る癖を付けるのもいいだろう。
また、相手の生活時間などを考え返事しやすい時間に送ったり、鬱陶しがられないように頻度に気を付けたりすることも大切。

そうした気遣いも、スマートな誘いには欠かせないものだと理解しておこう!

人間関係を円滑にする!大人のLINE活用術 (悩み解決サプリ)
SMART GATE Inc. (2016-04-29)
売り上げランキング: 121,930
The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。