冬の便利アイテム、インナーダウン

5,383viewsこの記事は5,383回閲覧されました。

Pocket

インナーダウンは冬の寒い季節に手持ちのアイテムでの着こなしの幅が広げられる便利なアイテムだ。ここ数年の間に一気に知名度もあがり、街での着用者も増えてきている。

インナーダウンは一度自分のスタイルにフィットしてしまえば、その便利さに寒い冬には毎日でも使いたくなるだろう。スペックはもとより、デザインもじっくり吟味して選びたい。

インナーダウンとは

インナーダウン

Bshopより

インナーダウンとは、アウターの下に着用する薄手のダウンベスト・ダウンジャケットのこと。もともとは本格的なアウトドア用品であり、冬の登山の際に保温のために分厚いダウンジャケットの下に薄手のダウンジャケットを着用していた。これがインナーダウンの正式な用途である。

インナーダウンの賢い着こなし方

インナーダウンの着こなし

RAP UPより

アウターの防寒性強化のために使う

インナーダウンの最大のメリットは、アウターの防寒性を補えることだ。真冬に着るには少し薄いと感じるライトアウターも、インナーダウンを着込むことで寒さに対応可能になる。

ヘビーアウター一辺倒になる冬場でも、インナーダウンのおかげでライトアウターを選ばるようになるためコーディネートに幅を持たせることが出来るのが嬉しい。

コーディネートの脇役として使う

インナーダウンを主役に据えたコーディネート(アウターとしてインナーダウンを使うなど)も提案されているが、全くおすすめ出来ない。あくまでコーディネートの脇役として扱うのが正解だ。

合わせるアウターはシックなものを

インナーダウンはカジュアルなアイテムのため、カジュアルなアウターを合わせてしまうとあまりにもラフなコーディネートになってしまう。

インナーダウンに合わせるアウターは、チェスターコートやステンカラーコート、ツイードのジャケットなどフォーマル寄りのアイテムを選ぼう。

ノーカラー(襟無し)のものを選ぶ

インナーダウンあくまでコーディネートの脇役だ。だからこそ、目立たないように着こなすべきだ。そのためにはノーカラー(襟が無い)のデザインを選ぶことがポイントとなる。ノーカラーであれば自然と主張が控えめになり、アウターの印象を保つことができる。

色は黒か紺を選ぶ

インナーダウンを着こなすなら、ずばり色は黒か紺を選ぼう!冬アウターの定番色である黒やグレー、ネイビーやベージュなどとの相性が良いことはもちろん、黒と紺は収縮色のためボリュームが出てしまいがちなインナーダウンの着こなしを引き締めてみせてくれる。

ウールのテーラードジャケットをアウターとして活用

秋に活躍するウールのジャケットは、インナーダウンを使えば冬でもアウターとして着ることができる。襟付きシャツにネクタイ、タイトなブラックジーンズなど、ドレッシーなアイテムで全体をまとめていき、寒さ対策としてインナーダウンを取り入れてみよう。ジャケットのドレス感をキープした暖かな着こなしができる。

おすすめインナーダウン

ウルトラライトダウンコンパクトベスト:UNIIQLO(ユニクロ)

ユニクロインナーダウン

UNIQLOより

UNIQLO(ユニクロ)のウルトラライトダウンコンパクトベストは、 薄くて軽くて暖かい。今季より静電防止機能が加えられ、着脱時の静電気が気にならないようになった。

コンパクトなシルエットで、コートやジャケットの中に重ねても着ぶくれしない。Vネックは少し深めになり着丈も短くなったことで、よりすっきりとしたシルエットになりインナーに着込みやすくなった。

付属のポーチに収納すればコンパクトになるので、必要がないときにはとても持ち運びやすくなる。コストパフォーマンスの高いインナーダウンだ。

スペリオダウンラウンドネックベスト:mont-bell(モンベル)

モンベルインナーダウン

mont-bellより

mont-bell(モンベル)のスペリオダウンラウンドネックベストは、 アウターの襟元と干渉しない丸首タイプなのでレイヤリングしやすいのが特徴。光沢を抑えたしなやかな生地を採用しているため、適度にカジュアル感が抑えられていて街着にピッタリだ。

本格的なアウトドアブランドらしい機能性に優れたインナーダウンは、EXグースダウンを利用しているため軽量でコンパクトな仕上がりとなっている。

SIX MONTH VEST:Rocky Mountain Featherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド)

1960年代後半、アメリカ・ワイオミング州で創業したRocky Mountain Featherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド)。惜しくも1980年代後半にブランドが消滅するものの、20年の時を経て2005年に再スタートを切った。

シックスマンスベストはダウンウェアとしては珍しい縦キルトで、ダウンパック(ダウンを入れる袋)を使用していないので、暖かさと軽さに長けている。なお、インナー・アウターとして6ヶ月間着れる事がシックスマンスという名の由来である。

ダウンベストこそロッキーマウンテンフェザーベッドを象徴するアイテムであり、機能性と防寒性は折り紙つき。

DOWN BEST:NANGA(ナンガ)

ナンガインナーダウン

NANGAより

滋賀のシュラフ(寝袋)ブランドNANGA(ナンガ)のダウンベスト。羽毛の安全性と質にこだわり、独自の縫製技術によって生まれるダウンベストは暖かくて軽い。アームホールは無駄なステッチを極力排除してあり、セーターの上に重ねてもストレスにならない。

NANGA(ナンガ)のオンラインショップの他、セレクトショップではURBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)に取り扱いがある。

Vネックインナーダウンベスト:DANTON(ダントン)

ダントンインナーダウン

ZOZOTOWNより

フランスのワークウェアブランドDANTON(ダントン)のインナーダウンベスト。ナイロンの高密度織物を使用していて、表面の光沢感が抑えられているのが特徴。

薄手でコンパクトなシルエット、丈感も少し短いためジャケットの下に合わせるのにピッタリだろう。

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事