ホワイトパンツ(白パン)着こなしのコツ

1,833viewsこの記事は1,833回閲覧されました。

Pocket

ホワイトのパンツ(白パン)に抵抗感のある男性は意外と多いのではないだろうか。汚れやすい、派手に見える、気恥かしいなどと言った声が多い。

だが、ホワイトパンツ(白パン)があるとコーディネートの幅がぐっと広がる。また白パンは着こなしに清潔感が出るため、敬遠してしまうのは勿体無い。

今回はホワイトのパンツ(白パン)を着こなすためのコツを紹介する。

白パン着こなしのポイント

白パンを着こなすヒントとなる、ポイントをいくつかあげてみよう。

トップスとのコントラスト(濃淡の差)

ホワイトパンツの着こなし

ZOZOより

ホワイトパンツの着こなしの基本は、トップスとのコントラストをつけることだ。

トップスに濃い色目のアイテムをあわせてみよう。全体にメリハリをつけることで、全体が軽いながらも引き締まった印象になる。

また応用編として、淡い色のトップスを試してみるのもいい。ペールトーン(淡色系)のニットやシャツをあわせると柔らかいく優しい印象になり、おしゃれ感が一気にアップする。

カラーのサンドイッチ

同じ色で他の色を挟む、いわゆるサンドイッチと呼ばれるカラーコーディネートの方法を使えば簡単に白パンを履きこなせる。

白パンを挟むように、アウターとシューズやトップスとシューズ、ベルトとシューズの色を揃えれば良いだけなので簡単だ。

白パン着こなし

WEARより

アウターと靴の色を黒で揃えた白パンのコーディネート。

黒と白でしっかりとコントラストがついているため、着こなしがシャープに見える。

合わせる色に迷ったら紺(ネイビー)を選ぶ

白パンコーディネートのコツ

Pinterestより

白は黒と同様に無彩色のため、実際はどんなカラーとも相性が良い。そのため、合わせるトップスの色を選ばない。

それでも色合せに迷ったら、紺(ネイビー)を選べば間違いない。マリンテイストの定番色でもある「白 × 紺」の組み合わせは、メンズファッションにおける鉄板の色合わせと言って過言ではない。

清潔感のある白と品の良い紺を合わせることで、爽やかで好感を得るコーディネートになる。

例えばジャケパンスタイルなら、ネイビーのジャケットをあわせてみるといいだろう。軽く清潔な印象が増してビジネスカジュアルにも使えるコーディネートだ。

カジュアルであれば、濃い目のネイビーストライプのカットソーをあわせると簡単にマリンテイストのスタイルになる。

オールシーズン使える万能アイテム

ホワイトパンツの着こなし

J.CREWより

ホワイトパンツは夏専用のアイテムだという先入観をもたれがちだが、冬にも活躍する便利なアイテムだ。

冬のスタイリングにホワイトのパンツを合わせるだけでダークトーン中心の重くなりがちな冬のコーディネート全体が軽快でアクティブな印象になる。

このように、ホワイトパンツは実はコーディネートしやすい万能アイテムだ。汚れやすいのが唯一の欠点かもしれない。こまめに洗って白さを保とう。

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事