基礎知識:ネクタイの締め方あれこれ

1,769viewsこの記事は1,769回閲覧されました。

Pocket

同じネクタイでも締め方1つで印象が変わることを知っているだろうか?基本となるプレーンノットから応用となる結び方まで、ネクタイの締め方のバリエーションを幾つか憶えておこう。

プレーンノット

プレーンノットの締め方

TIES.comより

最もスタンダードなネクタイの結び方。簡単でありながら、どんなスタイルのネクタイやシャツの襟にも合うので、最も汎用性の高い結び方だ。

最近はあまり襟元を強調しない傾向があるので、プレーンノットの使い勝手はとてもいい。



ダブルノット

ダブルノットの締め方

TIES.comより

プレーンノットのバリエーション。プレーンノットでは小剣(ネクタイの幅の狭い方)の周りを一巻きしかしない大剣(ネクタイの幅が広い方)を、ダブルノットでは 二重巻きにする。

プレーンノットに比べると、ノット(結びめ)に少し厚みが出るのが特徴だ。これもどんなタイプのシャツとの相性がいい。

スモールノット

スモールノットの結び方

TIES.comより

文字通り小さな結び目になる締め方。プレーンノットでも結び目にボリュームが出すぎるときや、結び目が大きくなるのが苦手な人は是非スモールノットを試してみてほしい。

ウインザーノット

ウィンザーノットの締め方

TIES.comより

結び目が正三角形に近い形となり、かなりボリュームが出るネクタイの結び方。イギリスのWindsor(ウィンザー)公が好んだネクタイの締め方に由来する。

襟元を強調したい時に向いた結び方で、結び目をふっくらと大きめに仕上げるとエレガントな印象になる。ワイドカラータイプのシャツに適している。

セミウインザーノット(ハーフウィンザーノット)

ハーフウィンザーノットの締め方

TIES.comより

ウインザーノットのバリエーションのひとつ。プレーンノットやダブルノットに比べると、ノットが横に広がった印象になる。

ウインザーノットより結び目のボリュームが抑えられ、結び方も簡単だ。あまり太くないネクタイに適しており、レギュラーカラーやワインドカラーのシャツと組み合わせるのがおすすめ。

クロスノット

クロスノットの締め方

Youtubeより

結び目に斜め1本の線が入るユニークなネクタイの締め方。結び目を主役にした結び方のため、ネクタイ自体もシンプルな無地のものを選ぶとベター!

トリニティノット

トリニティの名称通り、三位一体となった遊びゴコロある結び方。ノット部分が太く仕上がるため、太巻きが好みの方にすすめたい。

まとめ

ネクタイの結び方を変えると、いつものジャケットやシャツとを組み合わせた襟元の印象に変化をつけられる。ぜひいろいろなネクタイの結び方にトライしてみよう。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事