トレンドアイテム「バンドカラーシャツ」とは?

2,605viewsこの記事は2,605回閲覧されました。

Pocket

注目度が増しているアイテム「バンドカラーシャツ」。「バンドカラー」 とはスタンドカラー(立ち襟)の一種で、首の周囲に細いバンドがぐるりと配された襟の形。一般的なスタンドカラーより襟高が低い仕様となっている。

バンドカラーシャツの魅力

バンドカラーシャツ

PInterestより

バンドカラーシャツは、シャツでありながら襟高が低いことからリラックス感のあるアイテムだ。カットソーと同じような感覚で着用できる。

ジャケットにあわせて着れば適度にドレスダウンができるし、バンドカラーシャツ一枚で着ても様になる。首元がスッキリすることで、清潔感ある着こなしが出来る。

バンドカラーシャツのおすすめブランド

Salvatore Piccolo(サルヴァトーレ ピッコロ)

ナポリでも最高級と呼び声高いカミチェリアの一つSalvatore Piccolo(サルヴァトーレ ピッコロ)。最近ではトータルブランドとして成長を遂げている。

袖にダーツを入れるという構築的な作りが、Salvatore Piccolo(サルヴァトーレ ピッコロ)の特徴。その意匠はカジュアル感と開放感が漂うバンドカラーシャツにも反映されている。

日本国内では、伊勢丹を始めとした百貨店やSHIPS(シップス)などのセレクトショップでの取扱いがある。

BEVILACQUA(ベヴィラクア)

バンドカラーシャツ

TREMEZZOより

BEVILACQUA(ベヴィラクア)は、もともと1950年にイタリア・フィレンツェで創設されたネクタイファクトリーであったが、2009年に新たに新しいブランドとして蘇った。。ニュービンテージをコンセプトに、クラシックな素材と手法を用いて、熟練した職人によって作り上げられるアイテムは男ゴコロをくすぐる仕上がり。

バンドカラーシャツも、ブランドのコンセプトに沿った作りで独特のビンテージ感ある風合いが魅力的。日本国内ではBEAMS(ビームス)で取扱いがある。

MASSIMO ALBA(マッシモ アルバ)

バンドカラーシャツ

MR PORTERより

2006年創業のイタリアブランドMASSIMO ALBA(マッシモ アルバ)。製品はイタリア・ミラノの工場で熟練した職人により作られている。

ブランドの定番としてバンドカラーシャツを展開しロングセラーを誇っている。クラシックなプルオーバーシャツはカジュアルでもフォーマルでも使うことができる汎用性の高いアイテムだ。

無印良品

今季は無印からもバンドカラーシャツが出ている。無印のオーガニックコットンスタンドカラーシャツは、文字通りオーガニックコットン100%で着心地が良い。また洗いをかけて、着慣れた風合いに仕上がっているのも◎。

価格も2980円と安価なので、最初の1枚として選ぶのもありだろう!色は着回しのきく、白がおすすめ。

まとめ

今季大きな注目を集めている「バンドカラーシャツ」。ユニクロをはじめとしたファストファッションブランドからラグジュアリーブランドまで、多くのブランドやショップがこぞってリリースしているため簡単に見つけることが出来るだろう。

今までに着慣れないアイテムだけに、一見難しそうに見えるバンドカラーシャツの着こなしだが、実はなんのコツもいらない。ヘンリーネックのカットソーを着るのと同じ感覚で身につけてほしい!

The following two tabs change content below.

関連記事