タウンユースしたいGramicci(グラミチ)のパンツ

9,313viewsこの記事は9,313回閲覧されました。

Pocket

ショートパンツやサンダルなど、夏のイメージが強いGramicci(グラミチ)だが、年中履けるロングパンツも忘れてはいけないアイテムだ。

なかでもグラミチのニュースタンダードとも呼べる、NN-PANTS(エヌエヌパンツ)は履いた時のシルエットが綺麗で、しかも約1万円で手に入る、おすすめの1着である。

GRAMICCI(グラミチ)とは

グラミチは、「ストーンマスター」と呼ばれ、ヨセミテロッククライミングをリードしてきたロッククライマー、マイク・グラハムが独自の手法で機能性に富んだウエアづくりに着手し、1982年にアメリカ・カリフォルニアの小さな倉庫で立ち上げたブランド。

昨今のアウトドアブームも手伝って、クライマーのみならず、ファッション感度の高い人たちに支持されている。

グラミチの魅力

グラミチを代表する、グラミチパンツとグラミチショーツはクライミングパンツの代名詞的存在として、180度自然な開脚を可能にした「ガゼットクロッチ」や片手で簡単に調節できる「ウェビングベルト」が装備されている。

機動性を高めるガゼットクロッチ

ガゼットクロッチ

magnetsより

グラミチのパンツと言えば、やはりガゼットクロッチだ。ガゼットクロッチとは、スポーツパンツやクライミングパンツなどに見られる、機動性を高めるために股部分にあしらわれたマチのこと。足を広げてもつっぱらないことから、180度の開脚も可能となる。

今では色んなブランドでも見かけるようになったガゼットクロッチは、グラミチが先駆者である。

ブランドアイコンであるランニングマンを配したウィビングベルト

ウェビングベルト

Purasより

ウェビングベルトもまたグラミチらしいディテールの1つ。片手で簡単に調節できるウェビングベルトは、強度にも優れていて使い勝手が良い。

ベルトの先に施されたランニングマンもグラミチらしさの1つである。

豊富なカラーバリエーション

カラーバリエーション豊富

GRAMICCIより

グラミチのパンツはカラーバリエーション豊富。

グラミチパンツを代表するナローパンツはブラックやカーキなど6種類、ナローパンツをよりスマートに仕上げたNNパンツは、フォレストやシルバーといった珍しい色を含め8種類のカラー展開がある。(シーズン毎に異なったり、セレクトショップなどの別注モデルもあるため、もっと多いかもしれない・・・。)

グラミチのおすすめパンツ

グラミチパンツ

グラミチを代表するクライミングパンツである、グラミチパンツ。裾にかけて少しテーパードし、動きやすさと快適さを追求したゆったりとしたシルエットになっている。

5色展開で、9500円と手にしやすい価格も魅力。

ナローパンツ

グラミチパンツを細身なシルエットに改良したのが、このナローパンツ。ストレッチが入っているため、より快適にスマートにグラミチを堪能できる一本。

股上が深めだったり、ゆったりとしたヒップ回りだったりと、アウトドアブランドらしくクライミングパンツの名残が随所に見られる。

ベルトループとフロントジップが付き、よりタウンユース向けになっている。

NNパンツ(エヌエヌパンツ)

ナローパンツを更に現代版にアップデートしたのが、このNNパンツ(エヌエヌパンツ)だ!

ナローパンツと比べると股上が少し浅くなり、履いた時の後ろ姿、特に腰回りがすっきりとしている。また全体のシルエットも細身に改良されながらもストレッチが効いているため、履き心地は従来のグラミチ同様に快適なグラミチのニュースタンダードなパンツである。

イージーパンツでありながら抜群のシルエットで、ジャケットやシャツとの相性も良い。クライミングパンツに端を発していることから、カジュアルなアイテムではあるが、是非綺麗に着こなすことを意識しほしい。

8種類のカラーバリエーション(シーズンにより異なる)があり、何本でも欲しくなる。

別注品の展開も豊富で、通常のNNパンツと異なるカラーや素材のものも良く見かける。グラミチのパンツの中でも今季1番の人気アイテムだ。

関連記事