ビジネスバッグの超定番、フェリージのナイロンブリーフケース

3,550viewsこの記事は3,550回閲覧されました。

Pocket

ビジネスマンのバッグの中でもブリーフケースはなくてはならないもの。もっとも人目につくものだからこそ、クオリティがよく好印象なブリーフケースを使いたい。数あるブリーフケースの中でも、レザーとナイロンのコンビのブリーフケースの代名詞的な存在が、フェリージ(Felisi)だ。

フェリージ(Felisi)とは

フェリージ

Felisiより

レザー製品のブランドが集積する地として有名なイタリア北部フェラーラで革製品を専門に扱う工房として1973年にスタートしたフェリージ。

現在も約50名の革職人が、カッティングから縫製に至るまで全て手作業で製品を生産しているけっして大量生産は出来ないが、手間ひまをかけ、愛情を注がれて完成した製品は世界中から支持されている。

ブランドを代表するビジネスバッグ

レザーウォレットと同じくブランドを代表するのが、レザーとナイロンのコンビのビジネスバッグだ。中でもブリーフケースは、ビジネス、カジュアルのどちらのシーンにも活用できる優れものだ。

数多くのメゾンブランドも採用するリモンタ社製のナイロンを採用しており、高密度に織られた滑らかさと発色のよさ、そして艶やかな光沢が素晴らしい。このナイロンとコンビになっているのが、ベジタブルタンニンで加工された最高級のバケッタレザーだ。使い込むほどに手になじみ、滑らかさと独特の艶が出てくる。

おすすめブリーフケース

8637

フェリージ8637ブリーフケース

Felisiより

フェリージ8637ブリーフケース

Felisiより

フェリージの代名詞というべき定番のブリーフケース。ナイロンならではの軽さに加え、底面から側面にかけて覆われたレザーにより型崩れせず安定感も抜群だ。

正面の刻印レザーカバーの下にはファスナーポケットが1つ、背面にはステッチで仕切られたポケットが2つ付いている。また内部には大ポケットが1つ、小ポケットが2つ、携帯ポケットが1つ、ペンポケットが2つと収納も充実しており、小物の整理もしやすい。それぞれのポケットの縁はレザーで丁寧にパイピング処理されており、丁寧な仕事ぶりがうかがえる。

フェリージ入門ということなら、まずはこの8637を選べば間違いないだろう。

1845

フェリージ1845ブリーフケース

Felisiより

フェリージ1845ブリーフケース

Felisiより

シンプルな1室構造のブリーフケース。A4サイズの書類がすっぽりと入る大きさのアウトポケットが正面と背面にあり、内側にはスナップボタン付きポケットが2つ付いている。

レザー製のマチが底に向けて広がっているので型崩れがしにくい作りになっている。底部にもレザー張りが施されており、美しいシルエットをキープできる。

1731

フェリージ1731ブリーフケース

Felisiより

フェリージ1731ブリーフケース

Felisiより

2015年フェリージに新たに加わったモデルが、この1731だ!大型のアウトポケットが表裏の両面に2つ付いているのが特徴的なブリーフケース。

余計な仕切りがない一室構造で、書類や小物もまとめて管理することが出来る。バッグの両面に付いたアウトポケットは、オープントップのため、タブレット端末や雑誌などを入れていてもサッと取り出せる。それぞれの内側には小分け収納が可能なポケットが付き、小物類もファスナーを開け閉めすることなくスマートに出し入れすることが出来る。

もちろん底部はレザー張りで、底鋲もついているため型崩れしにくく安定感がある。

一生物の上質バッグを選ぶ

年月を重ねるほどに味わいと愛着が増していくこと間違いなしのフェリージのブリーフケース。長い付き合いになるビジネスバッグだからこそ、上質なものを選びたい。

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事