梅雨に負けない!雨の日のメンズファッション

4,076viewsこの記事は4,076回閲覧されました。

Pocket

雨の日のメンズファッション

Pinterestより

雨の日は着るものに困る。レザーシューズは濡らしたくないし、ジーンズも濡れたらなかなか乾かない、薄着だとちょっと肌寒かったりと頭を悩ましがちだ。

そんな雨の日が続く梅雨、今回は「梅雨に負けない!雨の日のメンズファッション」と題して、雨の日でも、いや雨の日だからこそ着たい4アイテムを紹介する!

勢いが止まらない「スポーツサンダル」

スポーツサンダルブランド

ZOZO TOWNより

昨年から始まったフィーバーは、今年になりさらに加速した感がある「スポーツサンダル」。「Chaco」や「Teva」の2大巨頭のほかにも「Shaka」や「Suicoke」などといった3番手争いも激化し、まさに混戦状態。

このアイテムの最大の長所が素足に履けるところ。素材もナイロンなので、雨の日に濡れても全く問題ない。きれいめな格好のハズしとしても、カジュアルな格好の仕上げとしても使え、履く人を選ばないところも良いところだ。

雨なんて気にしない「レインブーツ」

雨の日のメンズファッション

ZOZO TOWNより

「長靴」もとい、「レインブーツ」なら雨だってへっちゃら!最近はお洒落で高性能レインブーツが色々と発売されている。カラーバリエーション豊富なレインブーツは、アクセントに使うのにちょうどいい。

「ブーツはちょっと…」という人はラバーを使ってるのに、まるで革靴のような見た目の「レインシューズ」を選ぶのも1つの手だ!

速乾&軽量「水陸両用ショーツ」

雨の日のメンズファッション

BEAMSより

雨をものともしないボトムスとして提案したいのが、ナイロン生地で水中でも陸上でも履ける「水陸両用ショーツ」である。夏を手前にしたこの時期、多くのアウトドアブランドやサーフブランドから発売されているため、目にしたこともあるだろう。その中でもおすすめしたいブランドは山も海も手がけるアウトドアブランド「Patagonia(パタゴニア)」だ。

丈感がやや短めで、なおかつ流行りのボタニカル柄や、ヴィヴィッドなカラーのものが多いため、野暮ったさがなくむしろ都会的に履きこなせるあたりも◎

さっと羽織りたい「ライトウェイトパーカ」

雨の日のメンズファッション

ZOZO TOWNより

急な雨にも対応できるのが、各アウトドアブランドの出している防水の軽量ジャケットだ。

ナイロン素材で防水性は抜群!コンパクト折りたたんで携帯できる、タウンユースに適した機能があるものだとさらに良いだろう。

ただレインウェアとして着用するだけでなく、シャツの上にも、カットソーの上にもさらっと羽織ってアクセントにできる。せっかくであれば雨の日でも気分を上げるような鮮やかなカラーリングのものを選びたい。

まとめ

憂鬱な気分になりがちな「雨の日」。そんな雨の日を楽しめるようなアイテムを身につけて街に出たいところ。もちろん、などの小物も抜かりなく!

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事