革にこだわったコーチのメンズバッグが欲しい!

2,755viewsこの記事は2,755回閲覧されました。

Pocket

ビジネスマンが1つは持っておきたいアイテムであるレザーバッグ。様々なブランドからリリースされているアイテムだが、アメリカの老舗ブランド、コーチのレザーバッグを選んでみてはどうだろうか?

COACH(コーチ)とは

1941年にアメリカ・ニューヨークで創業したコーチは、アメリカを代表するレザーグッズの老舗ブランドだ。創業当初は、使いこむほどにしなやかさと光沢を増す野球グローブからヒントを得て、財布やバッグなどのメンズ向け革小物を製造していた。コーチのアイコン的なレザーとして親しまれている「レトロ・グラブタン・レザー」のルーツとなっている。

創業以来バッグをメインにしていたが、1996年にリード・クラッコフをクリエイティブ・ディレクターに迎えてブランドのリニューアルを行い、アクセシブル(手の届く)プレミアムブランドとして立て直しが図られた。

またレザーグッズに留まらない、トータルファッションブランドとしてシーズン毎にコレクションを発表するまでに成長した。ブランドをリニューアルした際には女性を集中的にターゲットにしたが、その後バッグに留まらず財布などのレザーグッズでメンズラインを充実させた。

最高級のレザー

コーチのレザー

COACHより

コーチの革は質が良い!コーチでは革の手触りや強度、表面の模様などを検査し、厳しいチェックに合格した「最高級レザー」だけを革製品の素材として使用している。

またコーチのレザー製品は天然革の証である「ナチュラルマーキング(生物の皮革に元々付いていたキズやシワなどの痕)」が、そのまま製品に反映される。不良品ではないので、革本来の自然な風合いを楽しもう。

丁寧な縫製

コーチのレザーバッグ

COACHより

コーチは革だけでなく、縫製にもこだわりがある。製品の縫製には、1インチに12目というルールが定められている。

また、ファスナーやバックルが破損したり、バッグそのものに傷がついてしまった時には、コーチの直営店で修理を受けることが出来る。アフターケアの充実は品質に自信があるからこそだろう!

ペプルドレザー

コーチのレザーバッグ

COACHより

コーチの代表的な素材がペブルドレザーだ。ペブルドレザーとは牛革の表面に水滴大の型押しを施した革素材のことで、この加工によって皮が柔らかくなる一方で傷がつきにくく撥水性も高くなる。コーチのペブルドレザーは肉厚でしっかりした素材感が特徴で、多くのバッグに採用されている。

まとめ

ブリーフケースは薄マチながら内部は機能的に作られている。またトートバッグは大容量で、カジュアルにはもちろん、上質な素材ゆえにビジネスの場でも活用できる。

アメリカブランドらしく質実剛健でありながらモダンなテイストが加えられた信頼できるブランド、それがCOACH(コーチ)だ。まだの人は一度手にとってみてほしい。

関連記事