これで失敗知らず!似合うサングラスの選び方

1,064viewsこの記事は1,064回閲覧されました。

Pocket

夏が近づくにつれ日差しが強くなり、サングラスが必須アイテムになってくる。

サングラスと一言で言ってもデザインや色など選択肢が沢山あり、選ぶことがなかなか難しいアイテムでもある。そこで、今回は自分にピッタリと似合うサングラスを選ぶためのポイントを紹介しよう。

パーツの名称

サングラスのパーツ名称
サングラスを選ぶ際には、パーツの名称を知っておくと便利だ。上の画像と照らし合わせてパーツの名前を確認してみてほしい。

テンプル(つる)

フロントからこめかみを経由して、耳にかける部分はテンプルと呼ばれる。

テンプルが発明されたのは18世紀前半。このパーツが出来る以前は、メガネは鼻にのせるだけのものだった。

ヒンジ(蝶番)

メガネやサングラスのフロント部分とテンプルの接合部分。メガネ業界では蝶番(ちょうばん)と呼ばれることも。

ヒンジがスムーズに開閉出来ることもメガネやサングラスを選ぶ際の重要なポイント。

ブリッジ

ブリッジはレンズの間の橋渡しをする部分のことを指す。

正面に位置する部分なので、人の視線も集まりやすい重要な部分。

ノーズパッド

ノーズパッドは、鼻を両側から挟むようにしてメガネを顔に固定するパーツ。メガネやサングラスのかけ心地を左右する重要な部分だ。
ノーズパッドは一般的に消耗品と言われ、フレームによっては汚れたら交換することも可能。プラスチックフレームではフレームと一体型になっているものが多い。

リム

レンズを囲む部分は「リム」と呼ばれる。リムの種類は、「フルリム」「ハーフリム」「ツーポイント」「アンダーリム」など様々。

レンズ

機能性とファッション性で選びたいレンズ。

定番のブラックやブラウン、ブルーをはじめ最近はミラーレンズのサングラスも大人気!

眉のラインに合ったフレームを選ぶ

サングラスをかけた時、フレームと眉のラインが合っているかどうかをチェックしよう。

眉のラインとサングラスのラインが似ている形であれば、自然とサングラスが顔に馴染む。眉がちょうど隠れるくらいが理想的なバランス。

「外国人はサングラスが似合うな。」と思う理由はまさにこれ。しっかりとサングラスが眉のラインに合っている。

と言いつつも、大きすぎるサングラスもNG。まるで子供が大人のサングラスを借りてきたようになってしまう。顔の縦幅1/3程度の大きさのサングラスが理想だ。

返品無料 / 送料無料、自宅で試着無料のメガネ・サングラス・フレーム・レンズ通販Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス)

フレームの横幅を顔幅に合わせる

フレームの横幅が顔の横幅に近いほど自然な印象になる。

顔の横幅より大きいフレームのサングラスを選ぶと、寄り目に見えてしまう可能性があるため注意。

テンプルの太さ

サングラスのテンプル

テンプル(弦)の太さも忘れずにチェック。実は見られている横顔。サイドから見たときの印象を意識することも大切なことだ。

細めのテンプルは知的でエレガントな雰囲気に。太めのテンプルはカジュアルで個性的なイメージを与える。TPOや人に与えたいイメージを考えながらテンプルを見てみよう。

輪郭と異なる形のフレームを選ぶ

輪郭別似合うサングラス

サングラスを選ぶ時、最も重要なことは顔の形に合っているかどうか。ポイントは、自分の輪郭と異なるタイプのフレームを選ぶことだ。

顔の輪郭と同じ形のサングラスを選ぶと輪郭のラインが強調されてしまい、不自然な印象となる。丸顔の人はエッジのあるフレームを。反対に三角顔、四角顔の人は丸みのあるフレームが◯。

丸顔

丸顔の人に似合うのはスクエア型のフレーム。

顔に丸みのある方はスクエアタイプの眼鏡をかけると、顔の印象をシャープにしスマートに見せる事ができます。
似合うメガネの選び方:Oh My Glasses Tokyo

面長

面長の人に似合うのはウェリントン型のフレーム。また丸みのあるラウンド型のフレームもOK。

面長の方はウェリントン型のフレームをかけると、顔の長さを強調せずにバランス良く見せる事が出来ます。
似合うメガネの選び方:Oh My Glasses Tokyo

四角

四角顔の人に似合うのはオーバル型のフレームだ。同様に丸みを帯びたボストン型のメガネフレームも良く似合う。

四角顔の方は丸みのあるオーバル型のフレームをかけると、角ばった顔を強調せずにすっきりとした印象に見せる事が出来ます。
似合うメガネの選び方:Oh My Glasses Tokyo

逆三角形

逆三角形の人に似合うのはボストン型のフレーム。丸みのあるラウンド型のメガネも合わせることが出来る。

逆三角形顔の方は丸みのある逆三角形形状のボストン型フレームをかけると、顔の印象を強調せずにバランス良く見せる事が出来ます。
似合うメガネの選び方:Oh My Glasses Tokyo

レンズカラーにも注目

サングラスを選ぶ際にはレンズカラーにも注目したい。肌の色やTPOに合わせてレンズカラーを選ぼう。

ブラウン系

ブラウン系レンズ
ブラウン系は日本人の肌にも馴染みやすく、コーディネイトしやすいカラー。相手にシックで落ち着いた印象を与える。

青い光を抑え、コントラストを強調する効果があるため、遠い景色が見やすく、アウトドアに向いている。

グレー系

グレー系レンズ
グレー系は都会的でスタイリッシュな印象を与えるカラー。眩しさを和らげる効果も高いため、日差しが強い場所や時間帯に適している。

ブルー系

ブルー系レンズ

ブルー系はクールで爽やかなイメージを感じさせるカラー。日焼けした褐色の肌に合い、相手にさわやかな印象を与える。

他のカラーと比較して物が自然な色で見えやすいのも特徴。

グリーン系

グリーン系レンズ色の再現率が高く自然な色調を保つことが出来るカラー。自然な視界を保つとともに、安らぎを与えてくれるリラックス効果も。ジョギングやアウトドアと好相性。

迷ったらプロに相談

サングラスを選ぶ際に参考にしてほしいポイントを紹介したが、それでもやはり悩んでしまう人も多いはず。そんな時におすすめなのが、サングラスのプロに聞くことだ。

「何となくイメージはあるけど、どのサングラスがよいか分からない。」「こんなサングラスを探しているんだけど」という人は、是非Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス東京)コンシェルジュサービスを利用してみてほしい。メガネやサングラスに精通したプロが無料でサングラス選びを手伝ってくれる。

簡単なフォームに応えるだけで、2~3日後にはコンシェルジュが厳選したサングラスを紹介するメールが送られてくる。

Oh My Glasses Tokyo(オーマイグラス東京)のおトクなキャンペーン、クーポン情報は、Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス東京)のHPでチェックしてみてほしい。

返品無料 / 送料無料、自宅で試着無料のメガネ・サングラス・フレーム・レンズ通販Oh My Glasses TOKYO(オーマイグラス)

参考:Oh My Glasses Tokyo(オーマイグラス東京)

関連記事