色に注目!ネクタイの選び方

1,160viewsこの記事は1,160回閲覧されました。

Pocket

ビジネススタイルに欠かせないネクタイ。個性やセンスが問われるキー・アイテムだ。しかし、ネクタイには様々な種類があり、いざ選ぼうとすると迷ってしまいがちだ。そこで、ネクタイ選びのポイントとして大切な「色」について考えてみよう。



ネクタイはコーディネート全体のバランスを見て

ネクタイを選ぶ際は、どうしてもネクタイ単体の色や柄に目がいきがちだが、コーディネート全体のカラーバランスが大切だ。ネクタイだけが目立って浮いて見えるような失敗は避けたい。スーツやジャケットの色、シャツの色や柄との組み合わせを考えて選ぶことをまず基本としたい。

スーツと同色系でそろえる

スーツの色はネイビーやグレー、シャツの色はブルーか白が定番。それらの色にあわせて同系色のネクタイを合わせてみよう。このとき、「スーツ」「シャツ」「ネクタイ」の間で色の濃淡をつけるのがポイント。

これによって全体のコントラストに変化をつけて平板な印象にならないようにできる。迷った時は、シャツよりも濃い色のネクタイを選ぶと失敗が少なくなるだろう。

スーツと反対色でアクセント

スーツとネクタイを同系色でまとめると落ち着いた印象になる反面、無難でおとなしく見えるかもしれない。

逆に反対色のネクタイを選ぶと、シャープな印象になる。例えば、ダークネイビーのスーツに赤・エンジ系統の色の組み合わせは欧米では「パワースーツ」と呼ばれるように、大切なミーティングやプレゼンテーションの場面で力強さやリーダーシップを表わせる。

まとめ

スーツとネクタイのコントラストが強いほどインパクトも強くなるので、目指す印象を考えながら組み合わせを考えてみよう。ネクタイは何本も買位揃えるよりも、「軸」となる万能な一本を持つことがおすすめ。ベーシックな一本に投資を!



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事