秋冬に狙いたい!おすすめメンズサイドゴアブーツ

50,723viewsこの記事は50,723回閲覧されました。

Pocket

秋冬になると欲しくなるのがブーツ。ブーツにも色々種類があるが大人におすすめしたいのが、サイドゴアブーツだ!

サイドゴアブーツはサイドに伸縮性のあるゴム(ゴア)がついている、くるぶし丈のブーツ。着脱が容易なことが特徴だ。イギリス・ロンドンのチェルシー地区が発祥と言われ、チェルシーブーツとも呼ばれる。(海外ではむしろチェルシーブーツという呼び名が一般的。)

古くはヴィクトリア朝から履かれ始め、1960年頃、The Beatles(ビートルズ)が履いたことでモッズスタイルの若者を中心に一気に普及した。

おすすめのスタイル

サイドゴアブーツの着こなし

Pinterestより

サイドゴアブーツはアッパーに何の装飾もない、いわゆるプレーントゥのシンプルなデザインのため、合わせる服を選ばない万能なブーツだ。カジュアルスタイルにはもちろん、スーツやジャケパンのビジネススタイルにもOK!

スッキリとした細めのフォルムのため、合わせるボトムスも細めのものを選ぶとベター。カジュアルならスリムストレートやスキニーのジーンズと、ビジネスなら細めのスラックスやチノパンと相性が良い。

サイドゴアブーツのおすすめブランド

CHEANEY(チーニー)

チーニーサイドゴアブーツ

CHEANEYより

1886年創業の老舗ブランドCheaney(チーニー)。グットイヤーウェルトシューズの生産地として名高いイギリス・ノーザンプトン州の郊外、デスバラーでスタートした。

非常に丹精な作りで、スマートなサイドゴアブーツは、ブリティッシュトラッドなファッションと相性バツグン!

J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)

ビートルズがデビュー当時履いていたのが、このJ.M. WESTON(ジェイエムウエストン)のサイドゴアブーツ。1891年フランス・リモージュで創業したブランド。

脛から甲にかけてクリースライン(折り目)が入っており、スマートな印象を与える。フレンチトラッドスタイルの足元に選びたいサイドゴアブーツだ。

ASOS(エイソス)

エイソスサイドゴアブーツ

ASOSより

イギリスの通販サイトASOS(エイソス)のオリジナルサイドゴアブーツはすごく安価!10000円未満で、一般的なスムースレザーからスウェードなど様々なサイドゴアブーツが並ぶ。

Grenson(グレンソン)

グレンソンサイドゴアブーツ

GRENSONより

1866年、イギリス・ノーザンプトンで創業したGrenson(グレンソン)。もちろんグッドイヤーウェルト製法。1つ1つハンドメイドで作られたサイドゴアブーツはクラフトマンシップを感じることが出来る。

Church’s(チャーチ)

正統派イギリス靴ブランドChurch’s(チャーチ)のサイドゴアブーツは、さすがの一言!

チャーチらしい質実剛健な作りは、シンプルながら高級感があふれる。

秋冬の足元選びの参考に

秋冬になれば、ブーツの出番!ブーツにはたくさんの種類があるが、あまりにもボリュームのあるブーツは汎用性が低い。(エンジニアブーツやミリタリーブーツなどはゴツすぎて合わせる服を選ぶ。)

その点、サイドゴアブーツは、先述したとおりフォルムがスマートかつシンプルなデザインで合わせる服を選ばず、どんなシーンでも履くことが出来ることが魅力。

コーディネートを大人に仕上げれくれるため、是非この秋冬にチャレンジしてみてほしい。

関連記事