カーゴパンツのブーム再来!コーディネートのコツは?

1,319viewsこの記事は1,319回閲覧されました。

Pocket

この秋冬、人気再来を予感させるのがカーゴパンツだ。しかし昔ながらのワイドシルエットで裾丈の長いものはリアルなワーク感が強すぎて野暮ったくなってしまう。カーゴパンツをスマートにコーディネートするコツをあげてみよう。

スリムなカーゴパンツを選ぶ

カーゴパンツの着こなし

ZOZOTOWNより

カーゴパンツを綺麗に着こなすには、体型に関わらずスリムなシルエットのものを選ぶことだ。ウエストからヒップは適度なゆとりとフィット感がありながら、膝下から裾にかけてスリムになっている、いわゆるテーパードシルエットのものがおすすめ。シルエットがスリムであれば、ラフになりすぎることもない。

また、カーゴパンツの特徴ともいえるサイドポケット(カーゴポケット)は、本来たくさんの物を入れるために大ぶりでマチも大きく広がるようになっている。しかし、カーゴパンツをスマートに着こなすためにはサイドポケットに実用性は求めず、小ぶりでマチのないタイプのものを選ぼう。これによってスリムなシルエットが映える。

カラーや素材でアレンジ

カーゴパンツの素材

ZOZOTOWNより

カラーや素材でアレンジを効かせてみよう。本気カーゴパンツの定番カラーはベージュやオリーブだが、カラーを変えることもスマートに見せるワザのひとつだ。例えばネイビーやホワイトであれば清潔感が出て良いだろう。

カーゴパンツの基本的な素材はコットンだが、例えばウール素材であればカジュアル感が薄れて通常のウールパンツのように上品な印象になる。

カーゴパンツに合うシューズ

カーゴパンツに合う靴

ZOZOTOWNより

足元は、スニーカーであればシンプルなホワイトスニーカー(コンバースのオールスターや、アディダスのスタンスミスなど)と合わせてみよう。カジュアルテイストでありながらも洗練された印象に仕上がる。

よりスマートに見せるには、レザーシューズなど綺麗な靴と合わせてみよう。格段に洗練された印象になるはずだ。またアレンジ技として、あえて編みあげブーツをあわせて足元だけ武骨に見せてみるのもいい。

カーゴパンツを着こなそう

カーゴパンツは、ジーンズやチノパンと並ぶメンズの定番ボトムス。カジュアルなスタイルはもちろん、ジャケパンスタイルのボトムスとしても十分使える。1着も持っていないという人は、是非ともトライしてほしい。

関連記事