長く着るために!テーラードジャケットの手入れを覚えよう

2,240viewsこの記事は2,240回閲覧されました。

Pocket

男性の定番アウターであるテーラードジャケットは着用機会も多く、多くの男性がしっかりと投資をしているアイテムだろう。そんなテーラードジャケット、せっかくならいいコンディションで長持ちさせたい!

長持ちさせるためには、やはり常日頃からの手入れが大切だ。しっかりと手入れの方法を覚えておこう。

ブラッシング

外には、目に見えないチリやゴミが舞っていて、ジャケットの表地の繊維内部にそれらが潜り込んでいる場合がある。そのままにしておくと、汚れが蓄積していき、落ち難い汚れに変化したりニオイのもとになってしまうこともある。

外出先から戻ったら、必ずブラッシングしてチリやゴミを取り除こう。ブラシは豚毛のものをお勧めする。静電気が起こりにくく、生地も痛めにくからだ。

ブラッシングは生地の毛の方向に沿って軽くかける。上から下、腕の付け根から袖口の方向にブラッシングしよう。また襟の内側なども忘れないようにしよう。



ハンガーにかける

ジャケット用ハンガー

D’MARGEより

ジャケットは必ずハンガーにかけておこう。ジャケットのショルダー部分をきちんと固定できる、保形性能にすぐれた太いハンガーが望ましい。ウールには適度な湿気で自然にもとの形に戻る形状記憶機能が備わっているので、着用の際できたシワも時間が経てばやわらぐ。

注意すべきは、必ず肩幅にあったハンガーを選ぶことだ!肩幅のあっていないハンガーに吊るしておくと、かえって型崩れの原因となってしまいかねない。

着用の間隔をあける

天然素材であるウールは着用の際に含んだ湿気を適度に発散し、物の形状に戻すためにある程度の時間が必要だ。1週間に1度くらいの着用が理想だが、最低でも中2日以上は休ませるようにしよう。複数枚のジャケットをローテーションして着用したい

クリーニング

ウールは本来、光沢や滑らかさのもとになるオイル分を含んでいる。クリーニングは洗剤によってウールの自然なオイル分を服から取ることになり、回数を重ねるごとに徐々に生地が弱くなっていく。ジャケットの風合いを損なわないよう、少なくともシーズン中はクリーニングせず、シーズンが終わってからクリーニングに出す方がいい。

また、型崩れを防ぐためにもできるだけ元通りに仕上げてくれる、テーラードジャケットのクリーニングが得意な店に出すようにしよう。

こまめなメンテナンスが鍵

テーラードジャケットに限った話ではなく、スーツのジャケットも同様の方法で手入れが出来る。お気に入りのテーラードジャケットを長く愛用するために、日々のこまめなメンテナンスと適切なクリーニングを心がけよう!



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

1 Response

  1. 2015年8月26日

    […] スーツジャケットの日頃のケアに関しては、「長く着るために!テーラードジャケットの手入れを覚えよう」を参考にしてほしい。 […]