新たな冬の定番アウター、カナダグースのジャスパー

1,566viewsこの記事は1,566回閲覧されました。

Pocket

最近の冬の新しい定番アウターとして人気急上昇中なのが、CANADA GOOSE(カナダグース)のダウンコートであるJASPER(ジャスパー)だ。各セレクトショップがこぞって別注モデルを発表していることからも、その人気の高さが伺える。

CANADA GOOSE(カナダグース)とは

1957年、カナダ北東部の都市トロントで創業したカナダグース社は、厳密なプロダクトコントロールと、常に革新を続ける確かな技術力でMade In Canadaにこだわり生産している。

創業当初から50年近く、カナダ北部やシベリア、アラスカといった極寒地での屋外作業員、南極探検隊、エヴェレスト登山隊、山岳レスキューチームなどのプロフェッショナル達にその製品を提供し続けていることからも、そのクオリティの本気度がわかる。

カナダグースを代表するモデル、JASPER(ジャスパー)

カナダグースの中で不動の人気No.1モデルは、JASPER(ジャスパー)だ。日本人の体形にあわせてパターンメーキングが施されており、ハーフコートタイプですっきりとしたシルエットのモデルだ。

タイトめながらも運動量も考慮された抜群の着心地が特徴。またタウンユースにも対応するため、ダウン量は少なめに調整されており、カジュアルスタイルはもちろん、ジャケットやスーツの上からも着用可能になっている。

また、カラーバリエーションが豊富なのも大きな魅力だろう。ブラックやネイビーといったアウターの定番色の他にも、発色の良いレッドやブルーなど、暗い色になりがちな冬のファッションのアクセントとなるカラーもある。

機能性の高さが◎

フロントの無骨なパラシュートボタンは実際にカナダ軍に使用されている物と同じ物を使用しており、シェルに頑丈に縫い付けられたボタンは簡単には取れないようになっている。この大きなボタンは手袋をしたままでも外せるようになっているなど、機能性から生まれたデザインだ。

フードには高級感あふれるリアル・コヨーテファーがついている。これは実際に南極で作業する人たちの頬を凍傷から守るためのプロテクターの役割を果たしている。表地にはカナダグースが独自開のポリエステルコットンにテフロン加工を施したアークティクテック素材を使用し、防水性と耐久性を高めている。このアークティック テックはとにかく頑丈な上に、撥水機能がありながらも通気性に優れたハイスペックな素材だ。

もちろん、驚異的な暖かさを実現しているのは、稀少なカナダ産の水鳥の胸に生えている産毛をふんだんに使用しているからだ。

売り切れ必死

カナダグースのジャスパーは秋冬シーズン立ち上がりから、すぐに売り切れる店舗が続出するほど人気だ。気になった人はすぐに店頭でチェックしよう。

The following two tabs change content below.

関連記事