基礎知識:ビジネスカジュアルの基本

6,178viewsこの記事は6,178回閲覧されました。

Pocket

ビジネスカジュアルの基本

Pinterestより

ビジネスカジュアル(ビジカジ)といえば、テーラードジャケットにスラックスやチノパンを合わせたいわゆるジャケパンスタイルが基本だ。

ここではビジネスカジュアルの基本アイテムであるジャケット、パンツ、シューズについて重要なポイントをあげてみよう。

ビジカジジャケット

ビジカジのアウターには、ウール素材のテーラードジャケットが基本。

最初に手に入れるべきテーラードジャケットとしては、紺色・2B(ボタン)のジャケットがおすすめ。カジュアル感を出すためにストライプやチェックなど柄入りのものにトライしてみるのも良い。

春夏なら麻や薄手のコットン素材、秋冬ならツイードやコーデュロイの素材のものも選択肢に入るだろう。

また「ジャケパンスタイルの時にスーツのジャケットを着ていいのか?」という悩みもよく聞く。

結論から言うと、スーツのジャケットをあわせるのはおすすめしない。というのも、スーツのジャケットは着丈が長いことに加え、素材もスーツ特有のものであるからだ。

パンツはジャケットにあった素材を

ジャケットの素材とパンツの素材を合わせるのが基本。ウールのジャケットに合わせるなら、パンツもウール素材のものを選ぼう。

コットンのチノパンをあわせるならクリース(折り目)を入れるといい。清潔感が出て、きちんとした印象になる。

ジーンズを合わせてもOKだが、濃い色でダメージ加工の無いものを選ぼう。シルエットをスッキリ見せるためにスリムタイプがおすすめ。(しかし、スキニーはピタピタになりボディラインが出すぎるため避けよう。)

ビジカジシューズの基本はレザーシューズ

カジュアルスタイルとはいえ、ビジネスのシーンではレザーシューズを選ぼう。ジャケットとパンツがカジュアルでも、足元をレザーシューズにするだけで全体の印象がきちんとして見える。

基本は、ストレートチップ(一般に「黒スト」と呼ばれる黒のストレートチップが基本。)やウィングチップのドレスシューズ、少しカジュアルな着こなしならスエード地のローファーやチャッカブーツもお勧め。

また、気をつけたいのがシューズとベルトの色。スーツスタイル同様、ベルトとシューズの色みを揃えるとこなれて見える。

昨今はスーツやジャケパンスタイルにスニーカーを合わせるトレンドもあるが、ビジネスシーンでは避けるのが無難。

まとめ

カジュアルスタイルとはいえ、ビジネスのシーンで通用するコーディネートには大切なポイントがある。

これらを意識するだけで、ビジネスカジュアルもスマートに見せられる。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

2 Responses

  1. 2015年5月15日

    […] ビジネスカジュアルではジャケットとパンツの組み合わせ、いわゆるジャケパンスタイルが王道だ。ジャケパンスタイルでは上半身が大きな面積を占め、結果として眼が行きやすいジャ […]

  2. 2015年6月25日

    […] ジャケパンとは、もちろん「ジャケット」と「パンツ」の組み合わせのことである。 […]