ビジネスカジュアルのシャツの選び方

4,114viewsこの記事は4,114回閲覧されました。

Pocket

ビジネスカジュアルはすっかり定着したスタイルだが、シャツの選び方でその印象は大きく左右される。まずはスーツでもよく着る無地のシャツを基本に、幾つかのバリエーションを持とう。

ビジネスカジュアルのシャツを選ぶ時に参考にしてほしいポイントを4つ紹介する。

生地や色でカジュアル感を出そう

スーツでよく着るシャツといえば、白やブルー系の無地のシャツだろう。どんなスタイルにもあわせられるベーシックかつ王道の選択だ。

だが普段のスーツスタイルとの差が感じられない硬い印象のシャツを選ぶと、ただの無精者にも見られかねない。普段と違った生地や色を選んでカジュアル感を強調しよう。

例えば白いシャツなら、ポロシャツによく用いられている鹿の子織りの生地のシャツを選ぶと表情が柔らかくなりカジュアルテイストが出せる。ブルー系なら濃い目のネイビーのシャツもいい。きちんとした印象ながらカジュアルなテイストも出せる。



ピンク系のシャツならスタイリッシュに

ピンク系のシャツ

EZY Shineより

スタイリッシュに見せるなら、実はピンク系のシャツがいい。普段のスーツスタイルに取り入れている人は少数派だろうが、カジュアルスタイルでは実はとても守備範囲が広い。ピンクは意外と様々な色との相性がよく、柔らかで明るい印象になるのでコーディネートの幅がぐっと広がる。

ビジカジなら柄物を選んでも○

また、スーツスタイルではあまり着ない柄を取り入れるのもお勧めだ。最もベーシックなのはギンガムチェックで、柄の大きさをあまり細かすぎない中程度にするとカジュアル感が出てくる。

大きめのウィンドウペンもいい。この場合は、同じ色で濃淡のあるラインが取り入られているもの、格子柄が大きなものにすると上品ながらカジュアルなスタイルになる。

シャツを選ぶ際はここに注意

誰でも簡単に良いシャツか悪いシャツかを見分ける方法がある。それは「首のボタンを留めた時に、衿がきちんと左右対称になっているか」を確認することだ!カッティングや縫製の丁寧さが、この襟前に現われる。

また、一昔前は「洗濯をすると縮む」という理由から、1つ上のサイズを選んでいた時期があったが、現在市販されているシャツはほとんど縮むことはない。必ずジャストサイズを選んで買うようにしよう!



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事