ボタンダウンシャツの元祖、ブルックスブラザーズ

2,584viewsこの記事は2,584回閲覧されました。

Pocket

カジュアルからスポーティなスタイルまで大活躍のボタンダウンシャツ。ボタンダウンシャツとは、襟が小さなボタンで留められているタイプのシャツのこと。アイビールックの定番アイテムとして知られている。

そんなボタンダウンシャツのルーツが、アメリカの老舗ブランドBrooks Brothers(ブルックスブラザーズ)だ。

ボタンダウンシャツの生みの親

もともとは英国のポロ競技の選手たちが、襟が風にあおられて邪魔にならないようユニフォームの襟先を身頃にボタンで留めつけていたことがそのスタイルの始まりといわれている。そのためブルックスブラザーズでの正式な名称は「ポロカラーシャツ」という。

襟はフルロールと呼ばれ、独特な美しいロールを描いているのが特徴だ。



こだわりのアメリカ製スピーマコットン

スピーマコットン

BlogHerより

ブルックスブラザーズ専用のオックスフォード生地は、アメリカで育てられた超長綿のスーピマコットン(世界中の全綿花生産量の約1パーセント未満しか採れない貴重なコットン)が用いられており、今もアメリカ国内で縫製されている。スーピマコットンは、強く、柔らかく、弾力性のある繊維で、柔軟性、吸湿性、発色に優れている。

他のブランドのオックスフォード地と比べて、ややハリと光沢があるのが特徴で、パリッとした肌触りだ。

3つのシルエットから選べる

形はゆったりとした着心地のTraditional Fit、やや細身のRegent Fit(スリムフィット)、もっとも細身のMIlano Fit(2015年春夏より、従来のExtra-Slim FitはMILANOに名称を変更された)の3つのタイプがあり、ネックサイズと袖丈のバリエーションもあるので、体型にあったシャツが選べる。日本人体型にはスリムフィットかエクストラスリムフィトが適しているだろう!

前立てはプラケットフロント(表前立て)、バックプリーはセンターボックスプリーツ、カフはラウンドバレルカフと、アメリカントラッドのテイストが満載だ。

ワードローブに1枚は欲しい

ブルックスブラザーズのシャツはきちんとプレスをすればドレスシャツとして、洗いざらしでカジュアルシャツとして使える、まさに万能シャツだ。ぜひワードローブに1枚加えておこう。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事