ヘビロテ必至!ボーダーカットソーの定番ブランド6選

5,112viewsこの記事は5,112回閲覧されました。

Pocket

春夏の大定番アイテム、ボーダーカットソー(トップス)。爽やかな印象のボーダーカットソーは、涼しげなマリンスタイルの着こなしには外せない。

そこで、ボーダーカットソー(トップス)の押さえておきたい定番ブランド6つを紹介する。

SAINT JAMES(セントジェームス)

1889年にフランスで誕生したSAINT JAMES(セントジェームス)。フランス北部ノルマンディー地方にある都市の名前を冠したブランドだ。

ブランドロゴに書かれた「Né de la mer(海から生まれた)」という言葉通り、自然と共存するノルマンディーの海の暮らしから生まれたということを表している。

セントジェームスの顔とも言えるボーダーカットソーは、いわゆるバスクシャツと言われるもの。襟ぐりは横に広いボートネック、素材は厚手のコットン(綿)が特徴。本来は漁師の作業着として着られていたというタフさが魅力。

まさに定番のボーダーカットソーといったオーセンティックな雰囲気は、どんなスタイルにも取り入れやすい。コシのある素材で、着れば着るほど馴染んでくれる。洗って、着てを繰り返し自分の一着に仕上げたい一品だ。

ORCIVAL(オーシバル)

定番ボーダーカットソーブランド

Bshopより

1939年フランス・リヨンの小さな村の名前を使い、ボーダーカットソーブランドのORCIVAL(オーシバル)がスタートした。

1950~60年代にフランス海軍が制服として採用したことも有名。裾に入る「蜂」のロゴマークが特徴。

先述したSAINT JAMES(セントジェームス)に比べ細身で日本人にとっては着こなしやすいブランドであるオーシバル。

ちなみにSAINT JAMES(セントジェームス)は洗うと縦に、このORCIVAL(オーシバル)は横に縮むと言われているため、華奢な方にはこちらがおすすめ。

HELLY HANSEN(ヘリーハンセン)

定番ボーダーカットソーブランド

Pinterestより

北欧・ノルウェー生まれのブランドであり、船乗りのセイリングウェアをベースにしたマリンジャケットなどが有名なHELLY HANSEN(ヘリーハンセン)。

北欧らしい発色の良い明るいカラーが魅力。また他のブランドと比べ手に入れやすい価格なのも魅力の1つ。

素材もストレッチ性や速乾性などの機能を備えたものが多く、やや光沢感のある質感が特徴だ。

agnes b.(アニエスベー)

アニエスベーボーダーカットソー

agnes b.より

女性にも人気のあるフレンチカジュアルブランドagnes b(アニエスベー)。

1975年にフランス・パリでスタートしたアニエスベーは、流行にとらわれないシンプルで機能的なアイテムを提案し続ける、大人の男性にこそおすすめしたいブランドだ。

アニエスベーの定番ボーダーカットソーと言えば、細ボーダーのJ008。素材はコットン100%。非常に密に編まれているため、丈夫で洗濯による伸びや型崩れも少ない。カラーバリエーションも豊富だ。

その他、半袖のものやボーダーの幅が異なるものなど、様々なモデルがある。

Le minor(ルミノア)

ルミノアボーダーカットソー

ZUTTOより

Le minor(ルミノア)は、1928年にフランス・ブルターニュで創業したマリンウェアブランド。

多くの会社が海外生産に移行する中、頑なにフランスの自社工場で生産を続けている。その変わらない製品作りが、世界中から高い信頼を得ている。

ざらっとしたコットン独特の肌触りが気持ち良いルミノアのバスクシャツ。 コシのある目の詰まった生地で耐久性に優れている。

セレクトショップからのラブコールも多く、別注品も豊富。

無印良品

日本が誇る低価格・高品質ブランドである無印良品。そんな無印良品の中で、根強い人気のアイテムがボーダーカットソーだ。

バスクシャツ風のボートネックで生地の厚いオーガニックコットンボーダーボートネック長袖Tシャツの他、柔らかくなめらかな肌さわりのオーガニックコットン天竺ボーダー長袖Tシャツも人気。

リーズナブルな価格にも関わらず、とても丈夫で長持ち。流行り廃りのないデザインと色展開をしているため、トレンドに関係なく長く着られることも多くのファンに愛されている理由だろう。

まとめ

流行にとらわれず大活躍するボーダーカットソーは、ワードローブには必ず加えたい大人のベーシックアイテム。定番ものだからこそ、丈夫でクオリティーの高いブランドのものを選びたいものだ。

関連記事