オイルドジャケットのマスターピース、Barbour(バブアー)

869viewsこの記事は869回閲覧されました。

Pocket

オイルドジャケットとと言えば、Barbour(バブアー)。

最高級のエジプト綿に防水オイルを施したバブアーのオイルドジャケットは、防水性と通気性、さらには耐久性も備えたアウターとして世界中で愛されている。

Barbour(バブアー)とは

バブアー

Barbourより

1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業したBarbour(バブアー)は、英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドだ。

北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のためにオイルドクロスを提供したのがその始まりだった。当時の革新的なオイルドクロス製のジャケットは防水性と耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていった。

第1次、第2次世界大戦中には、防水服をイギリス軍に供給し、その高い機能性は第2次世界大戦時、ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が残っている。

ロイヤルワラントブランドに

真摯なものづくりとその品質が認められ、1974年にエジンバラ公より、1982年に女王陛下より、1987年にはウェールズ皇太子殿下より、イギリス王室御用達(ロイヤルワラント)を与えられた。

ロイヤルワラントを行えるのは、現在ではイギリス王室の中でもエリザベス二世、エリザベスの夫であるエジンバラ公、その長男のチャールズ皇太子の3人のみであり、3名全員から認定を受けていることからも、伝統と品質を守り抜いているものづくりの確かさが証明されている。

アウトドアブランドを超えて

バブアー

Barbourより

ハンティング、フィッシング、乗馬といった英国上流階級のアクティビティと密接にリンクするバブアーは、カントリー・ジェントルマンの装いを彩りイギリスのアウトドア・ライフスタイルブランドとしての確固たる地位を築いている。

その機能美とデザインはいまのファッションにもあわせやすい汎用性を備えており、カジュアルはもとよりジャケットスタイルのアウターとして活用度大だ。

オイルドジャケット人気の秘密

バブアーのオイルドジャケットの人気は何といっても見た目のデザインの良さだ。

コーデュロイの襟とオイルドクロスの相性は抜群で、年月を重ねていくにつれて独特のアタリが味わいを増していく。体型を選ばないラグランスリーブやハンドウォーマーポケット、ボタンの配置などは絶妙のバランスを与えている。

メンテナンス次第では一生物のアウターになりうるのも人気の理由だろう。バブアーは英国王室御用達ブランドらしくアフターケアもしっかりしており、クリーニングとリプルーフ(ジャケットに防水オイルを再び塗り入れること)、修繕等のメンテナンスを年間を通して行ってくれる。

着こなしも簡単。オイルドジャケットのインナーにはシャツ、ボトムスはリジッドデニムやスラックスなど綺麗めのものを選べばOK。

バブアーの人気モデル

バブアーBedale

Barbourより

現在最も人気があるのが、防水性に優れたオイルドクロス生地を使ったミドル丈のBEDALE(ビデイル)をタイトなシルエットに仕上げた、BEDALE SL(ビデイルSL)だ。

本来はハンティング向けのフィールドコートを、タウンユース向けにシルエットをスリムにしたことで、アウトドア用ウェアにありがちな野暮ったさがを払拭し、いまのファッションにあわせやすいようにモダナイズしている。

バブアーまとめ

元来のアウトドアの無骨さを現代的なスタイルに落とし込んだ新しいバブアー。着込むごとに変化していく表情は何物にも変えがたい。手に入れれば、まさに一生物になるだろう。

関連記事