メンズステンカラーコートの着こなしとおすすめブランド

8,200viewsこの記事は8,200回閲覧されました。

Pocket

ステンカラーコートはビジネスにもカジュアルにも使える最もベーシックなコートだ。初春から梅雨時期や初秋にサラリと着れる便利なアウターである。

今回はステンカラーコートを着こなすコツとおすすめのブランドをまとめて紹介する。今年のスプリングコートをどうしようか迷っている人は、是非参考にしてほしい。

ステンカラーコートとは

ステンカラーが和製英語というのを知っているだろうか?正しくは「バルマカーンコート」や「バルカラーコート」、「スタンドフォールカラーコート」と言われる。

フランス語のsoutien(支えるという意味)に由来するとも、襟の後ろが立ち上がっていて、前が低くなってい ることからStand Fall Collarに由来するとも言われている。

トレンチコートから変化し、現在のステンカラーコートの形になったとされる。他の多くのアウター同様に、ミリタリーが起源となったアイテムだ。

ステンカラーコートの素材はコットン(綿)が多いが、その他にウールやポリエステル、ナイロンのものなど数多くある。

ステンカラーコートの着こなしのコツ

ステンカラーコートの色

ビジネス、カジュアル両方で使いたければ、カラーはネイビーやベージュ、オリーブがおすすめ。

黒はステンカラーコートの定番色ではあるものの、カジュアルな着こなしの際は避けた方が無難。黒を選んでしまうと、どうしてもビジネスの雰囲気が強くなってしまう。

また、春という季節を考慮するなら、青やオレンジなどのポップなカラーも◯。ステンカラーコート以外のアイテムをモノトーンにまとめて、ステンカラーコートの色を差し色的に使えば、意外と簡単に着こなすことが出来る。

細めのボトムスに合わせる

細めのボトムスを合わせれば全体のシルエットが綺麗に!

ステンカラーコートは着丈が長いため、細めのボトムスを選ぶことでVラインシルエット(トップスのボリュームが大きく、ボトムスのボリューム小さい)が出来上がる。

さらに、細めのデニムやスラックスをロールアップしたり、ジョガーパンツを合わせて足首を露出すれば、コーディネートが垢抜ける。

トップスは白、ボトムスは黒が簡単

ステンカラーコートの着こなし方

ZOZO TOWNより

ステンカラーコートを着るときに意外と悩むのがコートの中に着るトップスと、ボトムス(パンツ)の色だろう。コーディネートが簡単なのは、白のトップスと黒のボトムス(パンツ)だ。

ステンカラーコートがどんな色でも、無彩色である白と黒なら問題なく着こなすことが出来る。

ステンカラーコートのボトムスには、ついついブルーのジーンズを合わせてしまいがちだが、この組み合わせは意外と難しい。

おすすめのブランド

MACKINTOSH(マッキントッシュ)

マッキントッシュステンカラーコート

MCKINTOSHより

ゴム引きコートで有名なMACKINTOSH(マッキントッシュ)。1823年創業の英国の老舗アウターブランドである。

2015年の秋より、マッキントッシュのアウターは大きく仕様が変わった。シルエットはより現代的なIラインに変更され、前立てやカラーの幅、袖幅なども微調整が施された。また、これまで使用してきた「ダンケルド」や「バントン」といったモデル名が無くなって全て記号表記に変更。

定番であるゴム引きのステンカラーコート「GR-001」は、16万2千円。決して安いアイテムではないが、一生物のコートを探しているなら、マッキントッシュがおすすめ。

Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)

アメリカントラッドスタイルの雄、Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)。スーツスタイルに似合う細身でモダンなステンカラーコートが多数揃う。

素材が豊富で、定番のコットンから艶感のあるポリエステルまで様々。どの素材のステンカラーコートにも撥水加工が施されていて、急な雨にも対応出来る優れもの。

価格は約6万円から。ボタンが水牛素材だったりと、ディテールに拘りがあるという意味では妥当かもしれない。

Traditional Weatherwear(トラディショナルウェザーウェア)

Traditional Weatherwear(トラディショナルウェザーウェア)は、MACKINTOSH(マッキントッシュ)のセカンドラインに位置づけられるイギリス・スコットランド発のブランド。2006年スタート。マッキントッシュと比べるとカジュアル寄り、

ちなみに、Traditional Weatherwear(トラディショナルウェザーウェア)というブランド名は、マッキントッシュの旧社名である。

トラディショナルウェザーウェアの主力アウターはステンカラーコート。3種類のステンカラーコートに、取り外しが可能なフードの付いたモデルが存在する。

中でも、Selby(セルビー)はトラディショナルウェザーウェアの定番ステンカラーコート。細身でシンプルなデザインのため、ビジネスにもカジュアルにも使える。

Eddie Bauer(エディバウアー)

Eddie Bauer(エディバウアー)は、1920年創業のアメリカの老舗アウトドアウェアブランド。

アメリカで初のダウンウェアを作り特許を取得したのが、このエディーバウアー。今でもダウンと言えばエディーバウアーと言われるほど。

エディバウアーのステンカラーコートは、「エディーズトレンチコート」と「エディーズハーフコート」。

エディーズトレンチコートは「トレンチ」という名称ながら、実はステンカラーコート。コットンナイロン素材で着丈が少し長め。フロントをボタンとジップでしめられる比翼仕立ての防風効果が高いコート。

一方のエディーズハーフコートは、テフロン加工を施した薄手コットンナイロン地のステンカラーコート。エディーズトレンチコートと比べると幾分ショート丈。フロントはボタンでしめる比翼仕立て。

どちらも薄手で使い勝手が良いステンカラーコートだ。しかも価格も2万円以下で手に入るから嬉しい。しかし、サイズだけは注意!サイズ表記がアメリカサイズのため、1サイズ下げて買うのが正解だ。(例えば、普段MサイズならSサイズを選ぼう。)

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

1 Response

  1. 2016年4月10日

    […] スプリングコートとして、最もベーシックなのはステンカラーコートだ。どんなスタイルにも合わせられる汎用性の高さが人気。 […]