アスレジャー メンズ コーデ特集|最新の進化形スポーツMIXをチェックせよ!

617viewsこの記事は617回閲覧されました。

Pocket

いまやメンズファッションにおいて最も重要とされる”スポーツ”キーワード。

スニーカーブームにはじまり、スポーツブランドとファッションブランドによるコラボレーション、ノームコアで顕著になった「いきすぎたファッション」への揺り戻しと世界的な健康志向の高まりによって、”アスレジャー(athleisure)”のトレンドが、進化形スポーツMIXスタイルとしてファッション界を席巻している。

今回は、最新アスレジャー メンズ コーデ特集。

クールでスタイリッシュ着こなしからマストアイテム、ワンランク上の注目コーディネートをピックアップ。

アスレジャー初心者からファッショニスタまで必見のコーデのポイントを解説する。

※アスレジャー(athleisure)とは、アスレチック(athletic)とレジャー(leisure)を組み合わせた造語。
ヨガやダンスなどを含めたスポーツウェアを使いコーデしたファッションスタイルの総称である。

【アスレジャー メンズ コーデに欠かせないスポーツアイテムBEST3】

アスレジャーといってもきっちりとした定義があるわけでない。

スポーツウェアを取り入れたコーデであれば、十分アスレジャーファッションとして成立するのだ。

まずは普段から馴染みのあるスニーカーやパーカーなどのアイテムを使い、自由な感覚でスポーティーにコーディネートしてみて欲しい。

1、スニーカー

いまやこなれ靴の定番となった白スニーカーなら、どんなアスレジャーコーデにも難なくハマる。

よりクールなイメージに仕上げるなら、黒アッパー×白ソールのバイカラータイプがおすすめだ。

2、ジョガーパンツ(裾リブパンツ)

スポーツカジュアルの枠を越え、テーラードジャケットとのセットアップも打ち出されるまでに、様々なシーンで使えるボトムスとして市民権を獲得したジョガーパンツ。

体型に関係なく、すっきりとしたテーパードシルエットを作ってくれるジョガーパンツは、洗練されたアスレジャーコーデには欠かせないアイテムである。

3、パーカー

アクティブでありながら、さりげなくリラックスした雰囲気を演出するパーカーも、アスレジャーコーデのマストアイテム。

スニーカー同様、”抜け”や”遊び”、”ハズし”などいまどきファッションには欠かせない”こなれ”ニュアンスをコーデにプラスする高機能アイテムとして、アスレジャー初心者にも断然おすすめ。

【アスレジャーコーデ&着こなしポイント】

アスレジャーファッションを、より今どきスタイルに仕上げるためのコーデ&着こなしポイントをピックアップ。

①、ベーシックカラーでスタイリッシュにまとめる

従来のスポカジコーデを洗練されたアスレジャーに仕上げるには、黒・グレー・白を中心としたベーシックカラーでまとめることがポイントだ。

その他の色は、あくまでも差し色(アクセントカラー)としてコーディネートすることで、スタイリッシュなイメージとなり、新鮮なスポーツMIXスタイルに仕上げることが可能となる。

②、軽快な足元を演出する

いくら人気のスポーツアイテムを使いコーデしたところで、足元がもたついたり重くなってしまっては、アスレジャーも台無しだ。

スニーカー以外のシューズを合わせる場合でも、すっきりとした足元を演出し、コーディネートを仕上げてほしい。

③、ブランドロゴやレタリングなどグラフィックでアクセントをつける

ブランドロゴやライン、ナンバリングやレタリングなど、アイコンやグラフィックアイテムを使い、コーデにアクセントをつけるのがアスレジャースタイルの必須テクニック。

さり気なくワンポイントをプラスするも良し、大胆なグラフィックでエッジを効かせるも良し。

デザインの大小にかかわらず、これらのアイテムをプラスすることでシンプルなコーデの中にも、独特なリズムが生まれ、
洗練されたスタイルの演出が可能となる。

【アスレジャー上級コーデ・テクニック】

ここからは、ワンランク上のスポーツMIXを目指す、アスレジャーコーデ上級編。

①、ショートパンツ+レギンスのボトムスレイヤード技

難易度高めと思われがちなボトムスのレイヤードスタイルも、ショートパンツとレギンスの色を黒で統一してしまえば、さほどハードルは高くない。

二つのアイテムで作るテーパードシルエットは、トップスとシューズの見え方をがらりと変え、コーデの幅を格段に広げてくれる。

②、腰巻きシャツでグランジテイストをプラスする

グランジスタイルのテクニックであるチェックシャツの腰巻きは、アスレジャーコーデにロックなニュアンスをプラスする。

軽快なアスレジャーの雰囲気を損なわない様、だらだらルーズな巻き方は避け、すっきり見せることがポイントだ。

③、チェスターコートやトレンチコートでシックに仕上げる

アスレジャーをシックな大人の雰囲気に仕上げるには、チェスターコートやトレンチコートなどドレス度高めのアウターをコーディネート。

これまでのスポーツMIXとは一味違う、キレイめで落ち着いたテイストにまとめることが出来る。

【ラグジュアリースポーツ:ハイブランドでコーデするアスレジャースタイル】

稀代のファッショニスタとして知られるカニエ・ウェストをはじめ、多くの海外セレブが注目しているファッションスタイル”ラグジュアリースポーツ”、通称”ラグスポ”。

ハイブランドでコーデするアスレジャースタイルとして脚光を浴びている”ラグスポ”の人気ブランドを紹介する。

□Y-3(アディダス×ヨウジヤマモト)

スポーツブランドとファッションブランドによるコラボレーションの先駆けとなった、アディダス×ヨウジヤマモト・コラボ”Y-3″。

□Yeezy Boost(アディダス×カニエ・ウェスト)

全世界発売と同時に即完売となり、定価での入手が最も困難と言われている、アディダスとカニエ・ウェストのコラボスニーカー”Yeezy Boost(イージーブースト)”シリーズ。

□オフ-ホワイト

2016年7月、待望の旗艦店を東京・青山にオープンし、ますます快進撃を続けるVIRGIL ABLOH(ヴァージル・アブロー)の手掛けるラグジュアリーストリートブランド”オフ-ホワイト”。

□フッドバイエアー(HOOD BY AIR:通称HBA)

いま最もアヴァンギャルドなストリートブランドとして人気の”フッドバイエアー”。

□リックオウエンス

自身のコレクションだけでなく、アディダスとのコラボスニーカーも大人気の”リックオウエンス”。

【アスレジャーコーデまとめ】

ストリートからモードまで、様々なテイストへと進化を続けるスポーツMIX”アスレジャー”。

2020年東京五輪開催に向け、世界中のどの国よりもスポーツへの関心が高まることが容易に予測できる日本において、
近い将来アスレジャーファッションが、一過性の流行から一つの大きなムーブメントとなるかもしれない。

是非ともこの機会に、ファッションのトップアスリート気分で、スタイリッシュなアスレジャーコーデにチャレンジしてみてはいかがだろうか。

関連記事