週末おしゃれなメンズはカーディガンにこだわる!

321viewsこの記事は321回閲覧されました。

Pocket

おしゃれメンズのマストアイテム!カーディガン特集-コーデ&アイテム紹介

おしゃれに敏感なメンズのワードローブに欠かせないアイテムの1つにカーディガンが挙げられる。

メンズファッションの定番アイテムでもあるので、ぜひオシャレにコーデしてほしい。

この記事ではカーディガンの魅力とともに、オシャレなコーデ術7選を紹介する。

また、そのコーデに使われたアイテムも合わせて紹介する充実の内容となっている。

カーディガンが誇る3つの魅力

①合わせるコーデを選ばない

ベーシックなカラーとデザインのカーディガンであれば基本的にコーデを選ばずに合わせることが可能だ。

カットソー、シャツ、デニム、スラックスなどどんなアイテムともマッチする。もちろんスーツとも相性抜群。

まさに万能アイテムといえる。

②オールシーズン着られる

薄手素材のカーディガンを選べばオールシーズン着られる。

春~秋にかけては羽織りモノとして着られ、冬はインナーに重宝する。

素材にはウールをはじめ、リネンやコットンがあり季節に合わせて使い分けるのがオススメ。

③好印象な見た目

カーディガンは着るだけで自分を知的に見せてくれる。

そしてカジュアルな中にもキチンとした印象があり、好印象な見た目を作り上げてくれるアイテムだ。

女性からの支持も厚いため、オシャレにコーデすれば評価がグッとアップする。

【おしゃれメンズはこう着る】コーデ術&アイテム7選

1.チェックシャツ×カーディガン

チェックシャツ×カーディガンの組み合わせ。カーディガンを羽織りチェックシャツが見える面積を狭くしているため、

コーデが派手な見た目になり過ぎていない点がポイント。

スキニーデニムを合わせて、カジュアルな中にスタイリッシュさをプラスしている。

商品詳細へ

コーデを選ばずに使える、着回し力抜群のライトグレーカーディガン。

適度な厚みの生地で1枚で羽織ってもインナーとして着ることも可能。

あか抜けた印象を演出し、コーデに華やかさをプラスしてくれる。

2.春夏にピッタリな爽やかコーデ

春夏にピッタリな爽やかさを感じさせるコーデ。

カジュアルなボーダーカットソーにネイビーのカーディガンを合わせることで、ヌケ感がありつつ大人な印象に仕上げている。

カットソーのボーダー柄とカーディガンのカラーリングを同色にしている点がポイント。

コーデ全体のカラーリングに統一感が生まれている。

商品詳細へ

落ち着きがあり大人な見た目を演出できるネイビーカラーのカーディガンは、1着は持っておきたいマストアイテム。

ベーシックなデザインに、薄すぎず厚過ぎない適度な厚みの生地で使い勝手抜群。

3.王道カジュアルコーデ


ライトカラーのカットソー×チノパンの王道カジュアルコーデ。

カーディガンとシューズにダークカラーを合わせ、コーデ全体が明る過ぎてぼやけた印象にならないようにカラーバランスを調整している。

カーディガンの生地感がさりげないコーデのアクセントとなっている点にも注目。

商品詳細へ

霜降りのような生地感がポイントのカーディガン。

様々なカラーのアイテムと調和しやすいダークグレーのカラーリングも魅力的だ。

デザインはベーシックなので、オン・オフ問わず活躍すること間違いなしだ。

4.男らしさの中にカジュアル感をプラス

カーディガンとパンツに濃い色合いのアイテムを使い男らしい見た目を演出。

他のアイテムも濃い色合いだとコーデが重たく見えてしまう。

そこで、ホワイトのカットソーとスニーカーで軽快さとカジュアル感をプラス。コーデ全体のカラーリングをバランス良くまとめている。

商品詳細へ

生地と同色のジャガード柄が施されたカーディガン。

パッと見は黒無地なので派手に見えず、様々なコーデに組み合わせることが可能。

明るい色合いのボタンがアクセント。

5.マリンテイストなカジュアルコーデ

カーディガンを主役にしたマリンテイストなカジュアルコーデ。

無地のアイテムを合わせることでカーディガンの存在感が際立っている。

パンツをロールアップしてこなれ感を演出したり、カーディガンとシューズの色合い同色にして統一感を出すなど細かなオシャレテクニックが満載。

商品詳細へ

太めのボーダー柄が配された存在感抜群のカーディガン。

1枚で羽織っても、インナー使いをしても存在感を十分発揮しコーデのアクセントとして活躍してくれる。

特に春夏コーデにマッチする1着だ。薄手で着心地が良いのも魅力。

6.カモフラ柄カーディガンでアクセントをプラス

白シャツとデニムのシンプルな組み合わせに、カーディガンをプラスすることでアクセントをプラスしている。

ライトカラーのスエードシューズで春の季節感を演出。

商品詳細へ

生地と同色のカモフラ柄を配した独特な表情がポイントのショールカラーカーディガン。

襟がつくことでジャケットのような見た目になり、襟なしのカーディガンよりもキチッとした印象が生まれている。

無地のアイテムと合わせて、カーディガンの表情を際立たせたコーデがオススメ。

7.モノトーンカラーでまとめたモードなコーデ

モノトーンカラーでまとめたモードなコーデ。

カーディガンのドレープが生みだす独特な表情がコーデのアクセントになっている。

レザーシューズを合わせてしまうとカタい印象に見えるため、スニーカーを合わせてハズしている点がオシャレ。

商品詳細へ

ロング丈カーディガン。

ソフトでドレープ感のある見た目がポイント。

前下がりのシルエットにすることで、着用した時に美しいシルエットと動きのある表情が生まれるように配慮されている。

ロング丈のカーディガンが一着あるだけで個性を演出

ルーズフィットオープンカーディガン

気軽に羽織りやすいオープンカーディガン。

余裕たっぷりのルーズフィットで楽な着心地を実現します。

無駄のないデザインでどんなコーデにもマッチ◎



膝まであるロング丈なので、羽織るだけでスタイリッシュに決まります!


あなただけのコーデを完成させてほしい

この記事で紹介した情報を役立て、今まで以上にカーディガンを取り入れたオシャレを楽しんでほしい。

記事の中で紹介したコーデにあなたの個性をプラスすれば、あなただけのコーデを完成させることができる。

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事