2016年春夏のメンズファッション流行色

14,842viewsこの記事は14,842回閲覧されました。

Pocket

2016年春夏流行色

PANTONEより

2016年、今年もPANTONEより「流行色(トレンドカラー)」が発表されている。

2016年春夏の流行色は少し特徴的だ。1つは、非常に高彩度なこと。2015年のトレンドカラーと比較しても非常にカラフルだ。

次に、今季は男女の区別なくユニセックスで着られるカラーが流行色として選ばれていることも大きな特徴だろう。(例年は男女別の流行色が発表されている。)2015年秋冬以降のトレンド「ジェンダーレス(男女の境界を踏み超えたファッション)」が影響しているのだろう。

1.レッド系

2016年春夏に注目したい色の筆頭はレッド系。中でも、2016年のColor of the Year(カラーオブザイヤー)にも選ばれたRose Quartz(ローズクオーツ)はしっかりとチェックしておきたい。

春らしい優しいピンクのローズクオーツは、穏やかな夕暮れや上気した頬、花の芽生えを思わせる。ローズクオーツと同様にカラーオブザイヤーに選ばれたブルー系のSerenity(セレニティ)との相性も抜群。

Peach Echo(ピーチエコー)は落ち着きのあるピンクオレンジ。スペイン語で「祝祭」を表すFiesta(フィエスタ)は、イエローをベースにした力強い赤。

レッド系の色を取り入れるなら、シャツやニットなどのトップスがおすすめ。赤系の色は顔色を良く見せてくれるため、アンチエイジング効果がある。

2.ブルー系

ブルー系も引き続き人気色だ。カラーオブザイヤーであるSerenity(セレニティ)にも注目したい。

セレニティは青空のような軽やかなブルー。穏やかなトーンのブルーのため、トップスにもボトムスにも取り入れやすいだろう。白や黒、ライトグレーといった定番色との相性も◎。

Snorkel Blue(シュノーケルブルー)は、文字通り海をイメージさせる青。ネイビー寄りのブルーであるため、色の合わせ方に悩むこともないだろう。

今季もデニムの人気は続く。デニムの中でもVintage Indigo(ヴィンテージインディゴ)と呼ばれる、ほのかに退色したインディゴカラーに人気が集まる。

3.グリーン系

Limpet Shell(リンペットシェル)は、すっきりとしたブルーグリーン。ライトトーンのグリーンでまさに春夏っぽい色と言える。

Green Flash(グリーンフラッシュ)は、明るいグリーン。ブルー系のSnorkel Blue(シュノーケルブルー)やSerenity(セレニティ)との相性も良い。

その他、Grass Turf(グラスターフ)と呼ばれる濃い芝色もトレンドカラーとして注目されている。

少し毒々しさを感じるような、色鮮やかなイエローであるButtercup(バターカップ)やLimoncello(リモンチェッロ)も春らしいカラーだ。

4.グレー〜ベージュ系

無彩色としては、Lilac Gray(ライラックグレー)が選ばれている。その名前の通り、少しパープル寄りのグレー。またほのかなグレーである、Faint Gray(フェイントグレー)もトレンド色。

グレー系の単一色でまとめるコーディネートも引き続き人気となるだろう。

茶系の色としては、Iced Coffee(アイスコーヒー)が選ばれている。2015年の秋冬にはベージュなどの優しい茶系のカラーが人気だったが、引き続きこの人気は続く。

2016年春夏はカラーが楽しい

2016年トレンドカラー

PANTONEより

2016年春夏シーズンのカラーは、穏やかでリラックス感のある柔らかい色と、対してポップで鮮やかなカラーで構成されている。

男女差がないカラートレンドは、例年以上にメンズファッションをカラフルに仕立てることだろう。

The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

1 Response

  1. 2016年1月8日

    […] 2016年春夏のトレンドカラーも合わせてチェックして欲しい。 […]