2015年おさえておきたいデニムトレンド

5,235viewsこの記事は5,235回閲覧されました。

Pocket

2015年の一大トレンドは間違いなく「デニム」。デニムが大流行する。

ここ数年は、「リジット」や「ノンウォッシュ」といった濃紺のデニムがトレンドだったが、2015年は色落ちしたブルーデニム、ダメージ加工の入っデニムが主流になるだろう。今年の傾向を詳しく見てみよう。



シルエット

依然としてスリムシルエットが主流だが、ピタピタのスキニーデニムよりもスリムストレートのジーンズがおすすめ。

スリムストレートのジーンズは重心が上半身に置かれ、下半身をすっきり見せられる。それゆえ、比較的フォーマルなジャケットなどのアイテムとの相性もよくなる。

ウエストとヒップはストレスを感じないジャストサイズで、足首に向かってテーパードしているシルエットのものを選ぶとスマートに見える。デニムではシルエットによってカジュアル度が大きく変わるので、よく吟味して選んでみよう。

昨年はリジッド・デニム(洗いのかかっていない、いわゆる生デニム)やワンウォッシュなどの色落ちのないデニムがトレンドだったが、2015年の本命はブルーデニム。

選びたいのは、アタリやヒゲが綺麗に出たもの。
これならカジュアル感をやや弱め、清潔感やフォーマル感を印象づけるのにプラスだ。

春夏は、かなりウォッシュがかかった淡いブルーのデニムも選択肢に入るだろう。
この場合は上品さを保つために、ムラの少ない自然な色落ちのものにしよう。

スタイリング

シャンブレーやダンガリーなどのインディゴ・シャツをあわせる、いわゆる「デニム・オン・デニム」のスタイルにトライしてみるのもいい。

この場合、トップスとボトムスを同じ色の濃さにするとワークテイストに偏る。キレイめにするには、トップスとボトムスで濃さを違えてコントラストをつけよう。

その他、デニムの着こなしについては「2015大注目!「デニム」を着こなしに取り入れるには?」を参考にしてほしい!

ダメージ加工

一部ではダメージ加工がされているデニムが復活する傾向も見られるだろう。だがダメージ・デニムはカジュアル感が非常に強くなるので、着こなすのは上級テクニックが必要だ。

もしトライするなら、デニム以外はフォーマルなジャケット、シャツ、シューズをあわせて清潔感が感じられるように注意しよう。



The following two tabs change content below.

MR.GARMENTS(ミスターガーメンツ)

ミスターガーメンツ編集部。

関連記事

1 Response

  1. 2015年3月10日

    […] は明るめのブルー。 デニムではウォッシュが強くかかったインディゴなど。 2015年の一大トレンドである、「デニム」もあわせてチェックしたい。 2015年おさえておきたいデニムトレンド […]